プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Sexy Zone中島健人、“最高の友達”赤楚衛二と意気投合 共通の趣味は「遊戯王」

ドラマ『彼女はキレイだった』リモート取材会に登壇した(左から)小芝風花、中島健人、赤楚衛二(C)カンテレの画像

ドラマ『彼女はキレイだった』リモート取材会に登壇した(左から)小芝風花、中島健人、赤楚衛二(C)カンテレ

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人と俳優の赤楚衛二が5日、オンラインで行われた6日スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『彼女はキレイだった』(毎週火曜 後9:00)リモート取材会に登壇した。撮影開始から1ヶ月を経て、互いを“けんちゃん”“えいちゃん”と呼び合う2人。中島は「人生のなかで最高の友達に出会ったんじゃないかって思うくらいの方」と意気投合したことを明かした。

【写真】イジりイジられ…仲の良さが垣間見えた中島健人&小芝風花

 韓国の大ヒットドラマを原作に、さえない太っちょ少年からイケメンエリートとなった“最恐毒舌”エリートに成長した長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から残念女子に成長した佐藤愛(小芝風花)の真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描くラブストーリー。

 宗介が副編集長を務めるファッション誌『ザ・モスト』編集部のメンバーで愛に思いを寄せることになる樋口拓也役の赤楚について、中島は「血液型以外全部一緒。生年月日も近い、趣味も同じ、好きな女性の理想像も一緒」と興奮。ちなみに「横顔が美しいZARD系美人」だといい、赤楚も「ちょっと伏し目がちなね」と同意する。そんな2人の趣味は「トレーディングカードゲーム、遊戯王」といい中島は「人生のなかでめったに出会うことのない友達と出会えた」と目を輝かせた。

 劇中では“ライバル役”となるが中島は「それなりの距離を保ちつつ公式アカウントでの動画の距離はゼロ。でも役に入ると、すっかりスイッチが切り替えられて安定のお芝居をキメてくる、素敵な役者さんで出会えた。国民的ヒロイン(小芝)と、最高の友達に挟まれたきょう、僕は幸せです! リモート最高!」とじょう舌だった。

 一方、赤楚は「テレビの向こう側でしか見たことのない人だったから本物のスターだ…って。ライバル役だし距離を詰めれるのかと不安もあったけど、蓋を開けたら共通点が多すぎて、“運命の相手”かと思った。それか生き別れの兄弟か。でもお芝居中は宗介スイッチが入るのか、しゃべりかけずらい雰囲気もある」と控えめになると、「ありがたいです、そういう面も見ていただいて…」とそれさえもまんざらでもない中島。そんな2人の様子に、本来ヒロインのはずの小芝風花も思わず「いちゃつかないで!」とツッコミを入れていた。

 また、現在全国ツアー中の中島は、赤楚に福岡のお土産でラーメンを渡したといい、「『ありがとう、すぐ食べるよ』って言ってくれて。でもだいたいすぐに食べられないじゃないですか。でも翌日の撮影で、えいちゃんは夜の入りだったんですけど、自分のおうちで作った、僕のプレゼントしたラーメンにちゃんとチャーシューを載せた写真を見せてきて『ちゃんと食べたよ』って。めちゃくちゃかわいい」と感激。その日の撮影は天候の影響で中止になってしまったそうだが「『僕はけんちゃんにこの写真を見せられただけで幸せだったから』って…。最高の友達です! キュンポイントの連続。キュンがあふれすぎて火曜9時どうなっちゃうんだろう…」と笑顔を隠しきれない中島だった。

 なお、出席の予定となった佐久間由衣は体調変化により大事をとって欠席となった。出席の3人には万全を期して昨日、PCR検査を実施したところ全員陰性となった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ