プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

中川大志主演『ボクの殺意が恋をした』初回5.8%でスタート

4日放送の『ボクの殺意が恋をした』に主演する中川大志 (C)ORICON NewS inc.の画像

4日放送の『ボクの殺意が恋をした』に主演する中川大志 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の中川大志が主演する読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(毎週日曜 後10:30)第1話が4日に放送され、初回平均視聴率が個人視聴率は3.1%、世帯視聴率は5.8%だったことがわかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【第1話場面ショット】作業着姿の中川大志、ドレス姿の新木優子ら…ファッションにも注目

 今作は、映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい』『ライアー×ライアー』の徳永友一氏がオリジナル脚本で手掛けるスリリング・ラブコメディー。自分の育ての親である“伝説の殺し屋”を何者かに殺されてしまった主人公・男虎柊(おのとら・しゅう/中川)は、敵討ちのため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意。そして用意周到に暗殺ターゲットの人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)に近づくが…柊は“殺しの才能はゼロ”だった――。

 幼い頃に両親を亡くし、両親の友人・男虎丈一郎(藤木直人)に育てられた柊。今は、丈一郎が営む清掃会社で働いている。丈一郎と知り合いの刑事・綿谷詩織(水野美紀)は、そんな柊を見守ってきた。一方、とある出版社では、大人気漫画「ハリネズミ探偵・ハリー」の作者・鳴宮美月が会議室で取材を受けていた。美月は大きな漫画大賞を受賞した人気漫画家。写真撮影のために美月が窓際に立つと、人影が窓の外に映りこんで邪魔をしてしまう。それは、一心不乱に窓を拭く柊。彼は、丈一郎とともに出版社のビルの掃除に来ていた。なんとも間の悪い柊に、丈一郎は頭を抱える。

 帰り道、丈一郎は、リタイアして清掃会社を柊に譲ると告げる。突然のことに驚く柊。ただ、丈一郎は、肝心な時にいつも失敗してしまう柊を心配していた。その晩、柊は詩織から、丈一郎が撃たれたという連絡を受ける。丈一郎が埠頭で何者かに撃たれ亡くなったと言うのだ…。突然の出来事に、柊は悲しみ、混乱する。しかし、ニュースでは、丈一郎の死は海に転落した事故と報道される。ますます混乱し激怒する柊に、詩織は自分が事故死として処理するように指示したと告げ…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ