プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

「まさか、指輪したまま不倫した!?」平然と嘘をつく旦那、ストレスで胃潰瘍も…妻の反撃

『バイバイ!クソ旦那』(C)マリコさんの画像

『バイバイ!クソ旦那』(C)マリコさん

 小さな子どもがいるのにまったく家事育児に参加せず、さらに幼稚園入園で家計に余裕がないという理由で「パート出ないの?」と促す旦那。そこから仕事に家事に育児と、目まぐるしい日々をこなすなかで浮気をされたというエピソードを描いた『バイバイ!クソ旦那』がインスタグラムで人気を集めている。浮気の原因について「不満が蓄積されてすれ違ってしまった」と語る原作者のマリコさんだが、苦しい心境をSNSで多くの人に共感してもらえたことで、心の支えになったとも語る。

【漫画】行為の写真を100枚以上も発見! 吐き気でえずく妻が「ぜったいに許さない」復讐までの日々

■旦那の浮気LINEに拒否反応、子どもに悲しい顔を見せないよう必死

――もともと旦那さんは、育児や家事などに積極的ではなかったとのことです。不満が蓄積されてすれ違う日々のなかで浮気を発見したのですね。なぜすれ違っていったのですか?

【マリコさん】主婦の方は共感してくれると思うのですが、「旦那に任せて時間がかかるより、自分でやったほうが早い」と思う場面って少なくないじゃないですか。そういった場面で、全部の家事を抱え込んでしまうと、相手への不満がたまりやすいのでは…と今となっては思います。不満が蓄積してくると、相手への態度も冷たくなってしまうし、言いたいことが言えない環境は、すれ違いの元になりますね。

――浮気を見つけた瞬間は、とてもつらかったと思います。

【マリコさん】もちろん最初に浮気相手とLINEでやり取りするメッセージを見つけた時も傷つきましたが、やはり浮気相手と撮った写真がたくさん出てきたときは、拒否反応が出るほどショックを受けました。文字を見てもどこか現実味がわかなくて、冷たい現実として突き付けられた瞬間でした。

――浮気を見つけたあとも、日々の生活は続きます。

【マリコさん】幼い息子がいたので、すぐに離婚するかどうか踏み切れなくて、気づかないフリをして過ごす毎日でした。平然と嘘をつく旦那には、やはり憤りを感じましたし、ストレスで体調も崩しました。平然とした態度を装うことができたのは、やはり息子の存在が大きかったです。子どもの前では悲しい顔をなるべく見せないように、必死だったと思います。

■“サレ妻”同士で交流、「同じ悩みを持つ者同士の輪が広がった」

――浮気をされたエピソードをSNSに投稿しようと思われたいきさつを教えてください。

【マリコさん】旦那の浮気を見つけてから、起こった出来事を忘れないように、またその時の心情を整理するためにも、携帯のメモ帳に記録していたんです。何気なくインスタグラムで見つけた「サレ妻」さんの投稿を読んで、自分でもやってみたいなと思ったのがきっかけでした。

――たくさんの反響があったことがうかがえます。投稿したことで、心境の変化はありましたか?

【マリコさん】予想以上に多くの方に応援していただけたのが嬉しかったです。私の場合、過去の出来事を投稿していたんですけど、当時不安に思っていた決断も、間違っていなかったんだ…と思うことができました。また、当時リアルタイムで綴っていたメモ帳の内容を改めて書き起こしたことが、心の整理にもなりましたね。

――SNSを通じて、同じ“裏切られた”立場の方々との交流も増えたようですね。

【マリコさん】共通の悩みを持つ友人ができたことは、とても嬉しかったです。なかなか周囲に気軽に話せる内容ではないので、気持ちを分かり合える友人がいるだけで支えになりますから。私のインスタグラムでは、コメント欄で、サレ妻さん同士が交流している場面も見かけます。こうして同じ悩みを持つ者同士の輪が広がって、苦しい想いをするサレ妻さんの心が少しでも軽くなればいいな、と思っています。

――浮気に悩む人に、アドバイスを送るとしたら?

【マリコさん】私の場合、1人で抱え込みすぎて体調を崩してしまったので、我慢しすぎないことだと思います。身近に信頼できる人がいる場合は、勇気を出して打ち明けてみるのがいいと思いますね。なかなか人に相談できなかったら、自分の気持ちや出来事を書き起こすなどして整理していくと、気持ちが少しだけ落ち着きます。同じ経験をしている人は、1人ではありませんので、負けずに頑張りましょう。

――SNSで知り合った同じサレ妻の「つきこさん」と一緒に、ブログの運営を始めています。

【マリコさん】同じ悩みを抱えるサレ妻さんの架け橋となったり、気持ちに寄り添ったりできるようなコンテンツを考えているところです。ぜひのぞいてみてください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ