プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

鈴木仁、ドラマ『ギヴン』完成に手応え「皆でバンドの練習もして良いものができた」

ドラマ『ギヴン』完成発表会の様子 (C)フジテレビの画像

ドラマ『ギヴン』完成発表会の様子 (C)フジテレビ

 17日午前0時より配信がスタートするFODオリジナルドラマ『ギヴン』の完成発表会が4日に行われ、主演の鈴木仁、さなり、井之脇海、栁俊太郎のメインキャスト4人が出席した。

【写真】さなりが鈴木仁の肩にもたれ…青春感あふれる場面カット

 出演が決まった時の心境を聞かれると、立夏役の鈴木は「今回初めての単独主演ということで緊張もありましたし、喜びもありました。でもこのバンドがメインであることは変わりないので、まずは4人でひとつのグループを作っていきながら、この作品をよりよく盛り上げていけるように作っていければなと思いました。撮影中も楽しくて、皆でバンドの練習もして、良いものができたんじゃないかなと思っています」と撮影を振り返った。

 真冬役のさなりは「ドラマとか、俳優とか演じるのが初めて。何もわからなかったので大丈夫かな、と最初は不安が大きかったんですけど、現場の方々に支えてもらって楽しく撮影できたな、って思いました。全く素ではないですけど、真冬に共通している部分はあるので意識しながら演じました」と告白。

 秋彦役の井之脇は「友だちに男性が好きな男性がいて、2020年のステイホーム中に何を見たらいいかな?と話していたら『ギヴン見たらいいよ』と勧められて、原作もアニメも知っていたので今回お話をいただいて、すごく縁を感じて驚きました。まさか自分が秋彦役をやるとは驚きと不安を感じたのですが、このキャスト3人と一緒にやると聞いて、このメンバーとならいい青春感を出せるんじゃないかなと思いました」と伝えた。

 春樹役の栁は「あまり見てる人がキュンキュンするような役ってやったことがなくて、今回やっと来たなと思ったら相手が海くん、っていう(笑)。でも違う形ですけど出演できてうれしかったです」と喜んだ。

 同作の原作は、『シェリプラス』(新書館刊)にて2013年ハル号から連載。2019年7月にフジテレビのノイタミナ枠では初のBLコミック原作のアニメ化として放送、さらに2020年8月にはアニメ映画化もされた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ