プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

小野賢章、歯のホワイトニング中に『閃光のハサウェイ』絶賛され戸惑い「器具をつけたタイミングで…」

アニメーション映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』大ヒット御礼舞台あいさつに参加した小野賢章 (C)ORICON NewS inc.の画像

アニメーション映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』大ヒット御礼舞台あいさつに参加した小野賢章 (C)ORICON NewS inc.

 声優の小野賢章、上田麗奈、諏訪部順一、小形尚弘プロデューサー、村瀬修功監督が4日、都内で行われた公開中のアニメーション映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加した。

【写真】上田麗奈や諏訪部順一も参加した『閃光のハサウェイ』舞台あいさつ

 きのうまでの興行収入で、15億円と突破と「ガンダム」シリーズ史に残る大ヒットとなった本作。ハサウェイ・ノア役の小野は「素直にうれしいです。皆さんをお待たせしてしまったんですが、長期間をかけて丁寧に作り上げた。結果として、15億円と見えているのはうれしい。応援してくださる皆さん、何度も足を運んでくれる皆さんのおかげ。ありがとうございます」と感謝していた。

 周囲からの反響を問われた小野は「スタッフさん、キャストの方、声優仲間の方から連絡をいただいた。あとは『続くんだよね』とか『次っていつなの?』と言われます」と明かす。さらに、意外なところでも感想を告げられたそう。「歯医者に通っているんですけど、最近はホワイトニングをやっている。口を強制的に開ける器具をつけて、歯が出たところのタイミングで『ハサウェイ観ました!』と…」と苦笑い。口を開けたまま「ありがとうございます。楽しんでいただけましたか?」と当時を再現し、「すごくしゃべりにくかったです」と回想。それでも「歯医者の先生からも熱い思いを語ってもらった。すごくうれしいです」と白くなった歯をのぞかせた。

 同作は、2019年に迎えたガンダム誕生40周年、さらに宇宙世紀の次の100年を描く「UC NexT 0100」プロジェクトの映画化作品第2弾として制作される宇宙世紀サーガの最新作であり、アムロとシャアによる最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の世界観を色濃く継承する作品。反地球連邦政府運動「マフティー」の戦いを縦軸に、そのリーダーであるハサウェイ・ノア、謎の美少女ギギ・アンダルシア、連邦軍大佐ケネス・スレッグの交差する運命を横軸に描く。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ