プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

林遣都、中川大志ら、共演の犬・猫たちに感謝 「僕たちのことも見て」とジェラシーも

映画『犬部!』(7月22日公開)つなぎ姿の犬部メンバーが犬・猫と一緒に登壇(左から)大原櫻子、林遣都、中川大志、浅香航大の画像

映画『犬部!』(7月22日公開)つなぎ姿の犬部メンバーが犬・猫と一緒に登壇(左から)大原櫻子、林遣都、中川大志、浅香航大

 ノンフィクション作家・片野ゆか氏による『北里大学獣医学部 犬部!』を原案とした、映画『犬部!』(7月22日公開)の完成披露試写会が3日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主演の林遣都、共演の中川大志、大原櫻子、浅香航大、篠原哲雄監督が登壇。さらに、劇中で林&中川らとバディを組んだミックス犬・ちえ、柴犬・きぃ、そして本編にもちらりと登場し、ポスタービジュアルでも浅香が連れているサモエド・サモン、そして映画には登場しないものの、犬部の猫担当である大原さんにちなみ、特別に猫のミヌエット・ミッツが大集合した。

【動画】中川大志、共演のワンちゃんとジャンプ披露!

 専門の動物プロダクションの監修のもと撮影された本作。この日のイベントも同じプロダクションの監修のもと、なるべく動物たちに負担がかからないよう、登壇時の音量を抑えたり、登壇時間を短くするなど、動物たちに配慮しながら実施された。

 場内に元気いっぱいのちえに引っ張られる形で登壇した林。振り回される林の姿に場内には笑いが起きつつ、犬との共演に「難しいシーンばかりでしたが、しっかりと応えてくれた。すてきで愛くるしい心揺さぶられる表情を見せてくれました」と犬たちに目を細めた。さらに、「とにかくきぃがかわいくて…。あれやって!」と中川が連れるきぃに何事かをおねだり。すると中川はきぃに合図を出して、中川の胸元まで届くハイジャンプを披露した。

 さらに、冒頭のあいさつでは、きぃにも「あいさつを…」と中川がきぃにマイクを向ける一幕も。見事に「ワン!」とひと吠えし、息のあったバディぶりに会場も拍手喝采だった。その中川は、犬たちとの共演に「一緒に芝居を作っていくのが楽しみだったし、犬たちがたくさんの奇跡を起こしてくれた。映画にもその瞬間が残っています」とアピールした。

 大原は「動物たちの芝居がうまくいかないときは、そのたびに何度も『頑張って!』と願いながらテイクを重ねました」と動物との芝居の難しさを語り、浅香は「お芝居といっても犬たちが毎回同じことをやれるわけではないので、毎回新しい風を吹かせてくれました。NGや失敗も笑顔になるのがいい」と犬たちとの共演を振り返った。

 犬部という実在したサークルが元になった物語であり、現在も獣医師として活動する太田快作獣医師がモデルになっている花井を演じた林。「責任を持ってやらねばと思ったし、素晴らしい活動をしてきた方々の物語なので、その気持ちや思いを伝えたいと思った。半端な気持ちではダメだと覚悟を決めました。動物に対する想いや優しさ、モデルとなった太田先生が放つオーラを出さねばと思いました」と、撮影時の意気込みを述懐。

 映画を通して動物保護の活動について詳しく知り「今まではかわいがることしか意識しなかったけれど、動物との接し方も教えてもらいました。撮影が終わった後には、動物たちから与えられているものの方が多いことを強く感じました」と犬との関係性も変化したようだ。

 幼少期から犬を飼っているという中川は「撮影を終えてから自分の犬に会ったときには、それ以前と感覚が違っていてグッときた」と作品を通して自身の変化を実感。大原は青森県十和田市でのロケを「十和田市の皆さんの協力のもとたくさんのワンちゃんネコちゃんと撮影することができました。獣医学部は思った以上に動物園! 大学というか、動物園にいるような気分になりました」と懐かしそうに撮影を回想した。浅香は「ロケーションが素晴らしくて、景色も綺麗。自分たちも本当に部活をしているかのような没入感があった」と作品作りに一役買ったロケ地に感謝していた。

 中川は「撮影地はのどかな場所で、東京では味わえないスローな時間が流れていました。休憩中には、スマホを使わずに近くの畑に生えている野菜を当てようという話で一番盛り上がった。そんなのどかな時間、東京では絶対にない」と地方ロケならではのエピソードを披露。「ただみんなそこまで草や野菜に詳しくなくて、結局スマホ検索。現代っ子が出ましたね」と笑わせた。

 篠原監督は「青春映画でもあるので、生き生きとした若者たちの姿も楽しんで」と青春群像劇でもある映画をアピール。浅香は「心温まるハートフルな物語」と表し、大原は「タイトルは『犬部!』ですが、劇中での私は猫担当。猫バカぶりがあふれていたらうれしい」と期待を寄せていた。

 中川は「きぃたちと一緒にいると、みんな犬のことしか見ない。今日だってそう。『僕を見てくれ!』というジェラシーもある。映画では猫ちゃんワンちゃんもかわいいかもしれないけれど、僕たちのことも見てください」と冗談めいて場内の笑いを誘いつつ、映画の出来栄えに自信をのぞかせていた。

 最後に林が「自分を犠牲にして、誰かのために信念を持って突き進む人たちの姿はカッコいい。今はくたびれがちな日々が続きますが、大切な人や自然に目を向けると気持ちも軽くなる。そんなことをこの映画を通して感じました」と作品から受け取ったメッセージを口にし、舞台あいさつを締めくくった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ