プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

公園で散歩できると思ったら…恐怖の外出を済ませてきた柴犬、表情の落差に「よく頑張ったと褒めてやりたい」

「何があった…?」表情の落差が、用事の大変さを物語っている(画像提供:@shomaruoneone)の画像

「何があった…?」表情の落差が、用事の大変さを物語っている(画像提供:@shomaruoneone)

 自転車のうしろカゴに乗り、満面の笑みで飼い主さんを見つめる柴犬まるちゃん(8歳)。「公園に行ける!」と思い込んでいたが、実際に外出して済ませてきた用事は、シャンプーと注射のダブルコンボだった。帰ってきた柴犬まるちゃんの目は輝きを失い、表情もうつろに変化…。この違いを載せた写真投稿はツイッターで31万いいねを集めて話題になった。投稿者の飼い主さんに、反響や柴犬まるちゃんとの生活について話を聞いた。

【画像】”恐怖の外出”の次の日…皆に褒められ、ニコニコ笑顔で散歩ができた柴犬まるちゃん

 投稿には「よく頑張ったと褒めてやりたい」「お利口さんでした」「機嫌が直ったのか気になります」と柴犬まるちゃんの頑張りを称える反響が。飼い主さんは「こんなにもたくさんの方が、まるの頑張りをほめてくれたなんて、ただただ驚いています」と話してくれた。

 この表情の落差は”犬あるある”でもあり、出掛けるときは「散歩だ!」と”毎回必ず”喜ぶが、行先が病院や美容院だと分かった途端に落胆の表情に。柴犬まるちゃんも、帰宅後なかなか機嫌が直らなかったのだという。

「いつもは、『終わったよ〜!』とニコニコ出てきて、帰ってから『おやつ♪おやつ♪』となるのですが…。今回は部屋から出てくる時、長くてツラかったのか私の顔を見れて嬉しかったのか、なんとも言えない表情で、逃げる様に出てきました。家に着いたら、うつろな表情のまま目も合わせてくれない感じで…『あ、オコだ!!』とわかりました(笑)」

 シャンプーと注射を済ませた日は、ご飯をもぐもぐ食べて、さっさと寝床に行ってしまったという柴犬まるちゃん。普段の性格は、「とても穏やかで表情豊かな食いしん坊」だという。

「イタズラもほとんどせず、お気に入りのナイロンの生地を前歯でチクチクするのが唯一の遊びです(笑)。今回の外出前の写真のように、まん丸の目で見つめてニコッと笑顔をくれる所は、最高にかわいいです。まるはもうすぐ9歳になり、シニア入りしています。これからも、のんびりとまるのペースで、笑顔を増やしていきたいです」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ