プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ジオウ』奥野壮&『ゼロワン』高橋文哉、アニバーサリー映画で「ただいまー!」

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』に出演する(左から)奥野壮、高橋文哉 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映の画像

『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』に出演する(左から)奥野壮、高橋文哉 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 昭和・平成・令和と移り変わる時代に合わせ、放送されてきた「仮面ライダー」シリーズと「スーパー戦隊」シリーズ。1971年4月3日に放送開始した『仮面ライダー』から50年、1975年4月5日に放送開始した1作目となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の放送から今年の『機界戦隊ゼンカイジャー』で45作品目。2大ヒーローが2021年にWアニバーサリーイヤーを迎え、シリーズの垣根を超えて共闘する『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(7月22日公開)に登場するレジェンドキャストが4日、発表された。

【動画】『ジオウ』奥野壮、Wアニバーサリー映画に登場

 Wアニバーサリーとなる本作に、『仮面ライダージオウ』の仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ役の奥野壮、『仮面ライダーゼロワン』の仮面ライダーゼロワン/飛電或人役の高橋文哉が登場する。

 スーパーヒーローの“最強の敵”アスモデウス(谷田歩)の企みにより、禁断の地・アガスティアベースで保管されていた、世界を揺るがす“禁書”が解放された。それにより「現実」と「物語」の境界があいまいとなり、『仮面ライダーセイバー』主人公の神山飛羽真(内藤秀一郎)、須藤芽依(川津明日香)、ユーリ (市川知宏)たちが、スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』の世界へ、そして『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公の五色田介人(駒木根葵汰)とガオーン、マジーヌ、ブルーンたちが、仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーセイバー』の世界へ迷い込む事態になる。

 この度、解禁となった特別映像では、『仮面ライダーセイバー』のメンバーが、剣士の世界『八犬伝』にも迷い込んでしまうことが判明。そこで、サムライ姿となった飛羽真たちが出会ったのは、『魔進戦隊キラメイジャー』キラメイブルー/押切時雨(水石亜飛夢)、『侍戦隊シンケンジャー』シンケングリーン/谷千明(鈴木勝吾)、或人といった平成・令和の歴代ヒーローの剣士たち。彼らもここに迷い込んでいたのだった。『八犬伝』の世界で、剣士として共闘する姿が写し出される。

 もうひとつの特別映像では、『機界戦隊ゼンカイジャー』の面々が迷い込んだ『西遊記』の世界。砂漠を旅する介人たちが出会ったのは、『仮面ライダー電王』の仮面ライダー電王やソウゴといった平成ライダーたち。砂漠にたたずむソウゴは、介人たちから「キミ、こんなところに来ちゃ、あぶないよ!」と心配されるも「俺、魔王らしいから…」と答え仮面ライダージオウに変身。介人たちが度肝を抜くシーンも登場する。彼らもまたこの世界へ飛ばされ、混乱した異常事態を打破すべく、ヒーロー同士、手を取り合い、共に戦うことになる。

 昭和、平成、令和のヒーローたちが集結し、共に立ち上がった時、勝利の女神はどちらにほほえむのか、ヒーローたちの運命はいかに?

■奥野壮&高橋文哉コメント
【奥野壮】皆さん! ただいまー! 俳優としてのお仕事を何から何まで教えていただいた現場に戻ってこれたこと、そして再びソウゴを演じられたこと、本当に光栄に思っております!

 懐かしいスタッフの皆さんとお会いできたのも感慨深いものがありました。ソウゴを演じている時、自分に持っていない人間性だったり感情だったりで、生きることができるので毎回新鮮で楽しいです。

 今回は、レジェンドらしいかっこいいソウゴを田崎監督に演出していただいたので、ぜひ楽しみにしていてください!

【高橋文哉】今回、仮面ライダースーパー戦隊のWアニバーサリー作品のお話を聞いた時に素直にうれしい気持ちと感謝がありました。僕は、仮面ライダーゼロワンをクランクアップした際に「皆さんの元でまた飛電或人を演じる日を楽しみに頑張っていきます」と言ったのですが、こんなにも早く皆さんとまたお仕事ができるなんて思っていなかったのでうれしかったです。そして、約半年ぶりに飛電或人を演じて感じたことは、たくさんありました。現場でギャグをした時の楽しい雰囲気、ギャグをする際のテンションの懐かしさ、そして改めて真面目なこともふざけたことも真っ直ぐ信じて相手に伝えることが出来る、飛電或人という役の素晴らしさをすごく感じました。

 この映画では、僕が小さい頃に見ていたシンケンジャーや共闘を楽しみにしていたセイバーがゼロワンとともに戦っている姿を見て、役者としてすごくありがたく、幸せなことだなと思いながらアフレコや現場での撮影に挑みました。僕自身まだまだ未熟ですが、仮面ライダーゼロワンはレジェンドライダーとして登場させていただいております! 歴史あるヒーロー達の共闘をお楽しみに!!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ