プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

日本のアニメスタジオと「スター・ウォーズ」のビックプロジェクト発表

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』ディズニープラスで9月22日(水)より独占配信開始(C)2021 TM & c Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.の画像

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』ディズニープラスで9月22日(水)より独占配信開始(C)2021 TM & c Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 一本の映画からはじまった空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。この銀河で最も有名なシリーズを生み出したルーカスフィルムがスター・ウォーズにとって創造のルーツとなった日本との新たなプロジェクト『スター・ウォーズ:ビジョンズ』を昨年末発表し、大きな注目を集めていたが、オリジナル短編アニメ映画集(全9作品)となるこのプロジェクトに参加する7つのアニメスタジオ、各スタジオの作品タイトル、配信日、の各情報と特別映像が解禁された。全9作品はディズニープラスにて2021年9月22日(水)より日米同時配信される。

【動画】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』特別映像

 この発表は、米ロサンゼルスで毎年開催されている北米最大のアニメイベント「Anime Expo」のデジタルバージョン「Anime ExpoLite」で現地時間3日に開催され、ルーカスフィルムからジャッキー・ロペス(エグゼクティブ・プロデューサー)、ジェームズ・ウォー(エグゼクティブ・プロデューサー)、ジョッシュ・ライムス(エグゼクティブ・プロデューサー)らが登場し、本プロジェクトに対する思い、日本アニメスタジオへのリスペクトを熱く語った。

 「スター・ウォーズ」の生みの親ジョージ・ルーカスは日本の神話や、黒澤明監督の映画から多くのインスピレーションを得たと公言し、その影響は現在まで続く全ての作品へ注がれ、スター・ウォーズが描くテーマやストーリー、キャラクタ-すべてに日本文化とのつながりが脈々と受け継がれている。

 そして、ルーカスフィルムが熱望し実現したのが、『スター・ウォーズ:ビジョンズ』。世界最高峰のクオリティを誇る作品を送り出してきた日本のアニメクリエイターたちの“ビジョン”を通して「スター・ウォーズ」の新たな物語が描かれる。このプロジェクトに参加するのは、日本のアニメーションを牽引し世界的評価を得る作品を生み出してきた7つのスタジオ。

 テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのオープニング映像やテレビアニメ『ポプテピピック』、映画『ニンジャバットマン』が世界的にも高く評価された【神風動画】。タイトルは、『The Duel』。

 『メイドインアビス』『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』『盾の勇者の成り上がり』と次々に話題作のアニメーションを制作する【キネマシトラス】。タイトルは、『村の花嫁』(原題『The Village Bride』)。

 数々の海外の映画賞を総なめにした映画『夜明け告げるルーのうた』やテレビアニメ『映像研には手を出すな!』など世界から高く評価されている【サイエンスSARU】。『T0-B1』(原題『T0-B1』)、『赤霧』(原題『Akakiri』)の2タイトルを手掛ける。

 設立は2015年ながら『ゴールデンカムイ』『刻刻』など話題作を制作する新進気鋭のスタジオ【ジェノスタジオ】。タイトルは、『のらうさロップと緋桜お蝶』(原題『Lop and Ocho』)。

 第42 回日本アカデミー賞長編アニメーション作品賞を受賞した映画『ペンギン・ハイウェイ』などを生んだアニメーションスタジオ【スタジオコロリド】。タイトルは、『タトゥイーン・ラプソディ』(原題『Tatooine Rhapsody』)。

 さらにテレビアニメ『キルラキル』や映画『プロメア』など、日本のみならず海外のファンからも熱狂的に支持されている【TRIGGER(トリガー)】。『THE TWINS』、『The Elder』の2タイトルを担当。

 そして 「攻殻機動隊」シリーズや「テニスの王子様」シリーズ、「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ、『ハイキュー!!』『東のエデン』などで高く評価されている【プロダクションI.G】。タイトルは、『九人目のジェダイ』(原題『The Ninth Jedi』)。

 「スター・ウォーズ」から様々なインスピレーションを受けつつ、クリエイター独自の視点と発想で描く新たな「スター・ウォーズ」を描く。公開された特別映像に「スター・ウォーズ」を心から愛する日本のトップアニメクリエイターたちが登場し、このプロジェクトと自身の作品への熱い想いを語る。「スター・ウォーズ」のレガシーを受け継ぎながらも、日本の美を感じさせる繊細さと美しさや、アニメ特有の“かわいさ”、そして圧倒的なキャラクター性など、日本のアニメ文化のスピリットを持ち込み、スター・ウォーズと日本のアニメという2つの世界観が融合した作品の概観が紹介され、さらに広がるスター・ウォーズの世界への期待が高まる映像となっている。

 アニメクリエイターたちの“ビジョン”で紡ぎ出される独自性あふれるスター・ウォーズの世界観への驚きと、日本らしさに満ちた美しい世界観の一端を感じられるコンセプトアートの数々が映し出され、日本だけでなく世界的な注目作品となる事は間違いなさそうだ。

※下記3作品の邦題の表記が記事初出時より変更になり、本文を修正しました(2021.07.15)
『デュエル』→『The Duel』(アニメスタジオ:神風動画)
『エルダー』→『The Elder』(アニメスタジオ:トリガー)
『ツインズ』→『THE TWINS』(アニメスタジオ:トリガー)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ