プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

EXILE ATSUSHI、デビュー20周年で「やっとスタートライン」 グループ卒業後もEXILEを背負い続ける覚悟とは

オンラインコミュニティサービスを開設したEXILE ATSUSHの画像

オンラインコミュニティサービスを開設したEXILE ATSUSH

 今年でデビュー20周年を迎えたEXILE ATSUSHI。昨年EXILEのグループとしての活動を卒業し、ソロアーティストとしての活動に専念すると発表した。ソロに専念して「やっとアーティストのスタートラインに立てた」と話すATSUSHI に、これまでの20年の振り返りと共に、グループへの思いや卒業後に感じた変化、現在もEXILEを背負って生きる理由などを聞いた。

【写真】10年ぶりの丸刈り頭を披露したEXILE ATSUSHI 金髪姿も

■童謡「ふるさと」が転機に、様々な経験ができたEXILEの20年は「大きな財産」

――2001年のデビューから今年で20周年を迎えられますが、振り返っていかがですか。

【EXILE ATSUSHI】 昨年の11月にEXILEのグループとしての活動を卒業してソロアーティストとして再出発しましたが、改めて気付かされることは沢山ありました。例えば、先日ツアーのリハーサルが始まったのですが、ライブに向けてのスイッチがすぐ入ったことに自分で驚いたんです。というのも、これまではグループのライブもソロのライブもリハーサルではすぐにスイッチが入らなかったというか、早い段階でスイッチを入れてしまうと緊張感が長く続くので、どこか意識的にスイッチを入れないようにしていたんだなと。いま振り返ってみて思うのは、若い時にしかできない経験を、EXILEの活動を通して沢山してきましたし、がむしゃらにやってきて良かった。この20年は、自分にとって大きな財産になりました。

――ご自身の中で転機となった曲はございますか。

【EXILE ATSUSHI】 友人の出産祝いに「ふるさと」という童謡を歌ってプレゼントしたのですが、その時に自分のDNAが目覚めるような感覚があったんです。そのあと、2013年は日本の心を歌うというテーマを掲げて、音楽性や歌う楽曲の幅が一気に広がって、美空ひばりさんの「愛燦燦」のカヴァーや久石譲さんと共作した「懺悔」「天音」、辻井伸行さんと共作した「それでも、生きてゆく」などに繋がっていったので、曲というよりも、2013年が自分にとって大きな転機の年だったのではないかなと思います。

――ソロ活動に専念してみて、EXILE卒業前との変化をどう感じておられますか。

【EXILE ATSUSHI】 EXILEに在籍しながらソロ活動をしていた時は、EXILEでダンスミュージックをリリースするタイミングでは、ソロの曲をバラードにしようとか、両方のバランスを考えながらやっていたのですが、今はそのバランスを考えなくてもよくなったんです。つまり、純粋に“こういう曲を歌ったらファンの皆さんが喜んでくれるかもしれない”と思えるものや、“いま届けたい”と思える楽曲を制作してリリースできるようになったので、それは自分にとっての大きな変化でした。やっとアーティストのスタートラインに立てたような感覚はありますね。

――最初からソロアーティストとして活動されている方々はそういった経験はできないので、実力も人気も身につけてのスタートラインというのはEXILE ATSUSHIさんならではですよね。

【EXILE ATSUSHI】 最初からソロアーティストとして活動されている方々は、ヒットソングが生まれると、モチベーションを保ち続けるのが大変だろうなと考えたりもします。僕に関しては、20年のキャリアを振り返ると、若い頃と比べたらかなり色々なことが成長したり、洗練されたかもしれないですよね。昔の自分の曲を聴くと「よくこんな詰めの甘い状態でリリースしたな」と思うこともありますから(笑)。ただ、それはそれで勢いがあって良かったですし、再出発してからの活動はより意義深いものになるのではないかと思います。

■「HIROさんは“親”」EXILEの長男としての立ち位置を意識していたグループ時代

――卒業後も、ソロ名義でEXILEという名前を背負っている理由を教えて頂けますか。

【EXILE ATSUSHI】 その点に関しては、EXILE HIROさんや他のメンバーとかなり話しました。EXILEという名前は屋号のようなもので、歌舞伎の世界でいう「○○屋」の感覚に近いんですね。HIROさんもEXILEという名前を使い続けてらっしゃいますし、LDHよりも先にEXILEが存在していたことも僕にとっては意味のあることで。EXILE ATSUSHIとして活動することで、グループの誇りやプライドを持ち続けることができるんです。

――お話を聞いていると、EXILEというグループをとても大切にしていることが伝わってきます。ATSUSHIさんにとってEXILEとはどのような場所だったのでしょうか。

【EXILE ATSUSHI】 例えるならば“実家”で、自分を育ててくれたかけがえのない場所です。40歳になってやっと上京して、いまようやく一人暮らししているような感覚がありますね(笑)。実家のありがたみというのは、出てから感じるものだと思います。“母親がご飯を作ってくれたな”とか“お小遣いをもらってたな”みたいなことを、例えば、今はファンの方が喜ぶような企画を考えることだったり、ソロ活動での予算を立てることに置き換えてみると、しみじみと“実家=EXILE”のありがたみを感じます。

――逆に、EXILEにとってATSUSHIさんはどのような存在だったと思われますか。

【EXILE ATSUSHI】 HIROさん、そしてMATSU(松本利夫)、MAKIDAI、USA(※Uは正確にはウムラウト表記)が父親と母親だとしたら、僕は長男的な立ち位置だったのかもしれないですね。自分がだらしない態度を見せれば、弟達(他のメンバー)はそれを真似するので、そうならないように気をつけていました。ただ、それでも完璧でなかったですし、自分の体調のことなどでわがままを言ってEXILEの活動を休んでしまったこともあったのですが、それでも弟達は、自分の考えを理解してくれたので凄くありがたかったです。HIRO さん、そしてMATSU(松本利夫)、MAKIDAI、USAが忙しくなった時期には、自分が長男としてEXILEの活動をしっかり支えなければと、曲を集めたり歌詞を書いたりすることもありました。そういう立ち位置や意識を持ってやっていましたね。

――長男が卒業した現在のEXILEをどのように見られていますか。

【EXILE ATSUSHI】 いま彼らは、僕がいた頃のEXILEを再現するのではなく、新しいことを模索しながらやろうとしているのではないかなと感じています。何故かというと、最近のEXILEは激しい曲が多いのですが、僕がいた頃はハッピーな曲やバラードも多かったので。だけど僕が卒業してからは「勢いのある EXILE を見せなければ」という意思を感じるので、少しずつ今までのEXILEっぽさを継承しつつ、新しいものを見せて欲しいなという思いはどこかにあります。

■今、プロデュース業に挑戦する意味とは「コロナ禍で夢に悲観的な若者の力に」

――EXILE卒業後、「EXILE ATSUSHI ONLINE COMMUNITY MUSIC CLUB」というオンラインコミュニティサービスを開設されましたが、始められてみていかがですか。

【EXILE ATSUSHI】 コロナ禍でライブがなかなかできなかったので、応援してくださるファンの方々とのコミュニケーションの場として始めたのですが、凄く楽しみながらやらせて頂いています。日々更新していかなければいけない大変さはありますが、少しでも応援してくださる方々の喜びになればいいなと思っています。

――これまでに月1回のオンラインLIVE生配信や撮影現場からの生配信、私物プレゼント企画、zoomを使用した相談会など、オンラインならではの様々な企画を配信されていますね。

【EXILE ATSUSHI】 例えば、ライブやレコーディング、インタビューといった仕事の現場の写真や動画なら、他のメディアやSNSなどでも見ることができますが、僕に興味を持って応援してくださる方々にはもっとプライベートな部分を見せることができるかと思いますし、オンラインコミュニティだからこそ、距離の近さを感じてて頂けるようなサービスや企画をやっていこうと思っています。

――企画の中には夢を持った方々を応援するという『夢応援プロジェクト』もありますが、どういうきっかけでこの企画が生まれたのでしょうか。

【EXILE ATSUSHI】 僕のファンの方々には、もちろん男性も多いのですが、割合で言うと女性の方が多いので、どうしても女性向けのサービスに偏りがちなのですが、幅広く多くの方にも喜んでもらえるような企画はないかと考えた時に、MUSIC CLUBの会員の中に歌手を目指している方がいるならば、男女関係なく、僕がアーティストとして活動してきた知識や経験を使って、何か力になれるんじゃないかと思い、企画しました。音楽的なことをお教えするだけじゃなく、最終的に選ばれた方の夢の実現に向けて、“プロデュースby EXILE ATSUSHI”を掲げてお手伝いができればと考えています。

――かなり強力なバックアップなので応募が殺到しそうですね。

【EXILE ATSUSHI】 そう言って頂けるのはありがたいのですが、僕がどこまでの影響力を持っているかわからないのでなんとも(笑)。ただ、いまの若い子達はコロナ禍で就職や夢に対して、ものすごく悲観的だったり苦しんでいたりすると思うので、『夢応援プロジェクト』で少しでも力になれればと思っています。

※USAのUは正確にはウムラウト表記

(取材・文/奥村百恵)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ