プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

佐藤健『るろ剣』撮影で有村架純と“食事制限” 食べるシーンは「リアルに幸せでした」

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』京都舞台あいさつイベントに登壇した佐藤健の画像

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』京都舞台あいさつイベントに登壇した佐藤健

 俳優の佐藤健と大友啓史監督が3日、T・ジョイ京都で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』京都舞台あいさつイベントに登壇した。

【動画】「剣心の十字傷が…」七夕への願いを発表した佐藤健

 この日は、佐藤の希望で事前にツイッターでファンから質問募集。映画内で、巴(有村架純)と、畑で採れた野菜で料理を食べるシーンがあるが「どんな料理を作って食べていたのか?」と聞かれると、佐藤は「お味噌汁と白いご飯とお漬物のような質素な和食だった。僕と有村さんは当時食事制限をしていて、撮影の時だけ白いご飯を食べられるという、リアルに幸せなシーンでした」と裏話を披露した。

 また“七夕”が迫っていることから、佐藤にとっての織姫がいるかという質問には「1年に1度とはないけど、本当は会いたいけどなかなか会えない、たまに会える存在はやっぱり、剣心かな」と10年間演じてきたならではの回答で、会場を盛り上げた。

 さらに用意された短冊に佐藤は「剣心の十字傷が癒えますように」と願うと、ファンから熱い拍手が送られ「『剣心に幸せになってほしい』という話をしましたが、我々も皆さまの幸せを非常に願っております。こういったつらい状況ではありますが、希望を見出して、前向きに、幸せに皆さん過ごしていってほしいなと願っております。またいつかどこかでお会いできることを願っております」とファンに向けて温かい言葉を送った。

 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』(公開中)、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ