プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

台湾映画『返校』 原作ゲームの実況でおなじみ花江夏樹&小野賢章のコメント解禁

映画『返校 言葉が消えた日』(7月30日公開) (C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.の画像

映画『返校 言葉が消えた日』(7月30日公開) (C)1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

 2017年に発売された台湾の同名大ヒットホラー・ゲームを映画化した『返校 言葉が消えた日』(7月30日公開)より、本編映像シーンと、本作の原作ゲーム「返校 Detention」の実況でもおなじみ、花江夏樹と小野賢章の応援コメントが解禁された。

【動画】発禁本を読む読書会シーン(本編映像)

 1962年、独裁政権のもと国民のあらゆる自由が制限されていた台湾。ある高校で政府が禁止する本を密かに読む読書会が開かれていた。だが、ついに国家の手による迫害事件が起きてしまう。その陰には、哀しい密告者の存在が…。

 この台湾人が忘れてはならない負の歴史をストーリーに取り入れるという大胆な発想で大ヒットとなったホラー・ゲームを基に、迫害事件の謎解きと、自由と青春を奪われた若者たちの切ないドラマを交錯させた映画を作り上げたのは、ジョン・スー監督。映画に込められた深いメッセージ性が昨年1月の台湾総統選挙にも影響を与えたと言われる。

 花江は、「息を飲む展開と映像美 『ホラー』という一言では表せない濃密なストーリー 原作をプレイしていると『おっ!』となる、忠実に再現されたシーンやアングル そして映画ならではの演出に終始引き込まれました 観た後にもう一度ゲームをプレイしたくなる映画でした!」。

 小野は、「ゲームをプレイした時に感じた、背筋が凍る感覚、そのままでした。そしてやっぱり面白い! それぞれの人物の想いや時代背景が複雑に絡みあった映画です。これを観た後、あなたは誰かにこの映画を勧めたくなるでしょう。そして、原作のゲームもプレイしたくなるでしょう…」と、コメントを寄せた。

 解禁された本編映像では、「人間は生まれつき自由であるべきだ」と信じる男子学生のウェイ・ジョンティン(ツォン・ジンファ)やその仲間の生徒たちが、暖かな日差しの差し込む学校の備品室に集まり、密かに発禁本を読む読書会を開いているシーンを見ることができる。歴史教師で3年愛組の担任のイン先生は「タゴールはインドの偉大な詩人ではあるけど、植民地主義を批判した思想家よ」と、ノーベル文学賞にも輝いたラビンドラナート・タゴールの「迷い鳥たち」の朗読を始める。“この葉は愛を知ると…”。

 ジョン・スー監督は、「ゲームでの中では全く同じ詩が、プレーヤーが見つけるぼやけたチャン先生の写真の上に書かれていました。これによって私はゲーム開発者がなぜこの詩を引用したのかを考えるアイデアが得られました」と明かしている。本作の中でも「迷い鳥たち」が重要な意味を持つ書籍として登場する。

 そして、この平穏な時間は、ウェイ・ジョンティンの回想シーンだったことが示唆され、「人間は生まれつき自由であるべきだ。それを信じる僕たちは、学校の備品室に集まって、発禁本から一語一句を書き写した。そう、皮肉なことに自由が罪になる世界で僕たちは生きていた。発禁本を読むと、命を落とす時代だ」と語る。
危険だということを知りつつも、抑圧された世界で自由を信じ、発禁本を読むウェイ・ジョンティンたち。そしてシーンは一転、光を失う。

「1962年、台湾は戒厳令下の時代 反政府的な言論や 自由を提唱する書籍は 固く禁じられていた 違反者は処罰され 死刑も執行された」と、ナレーションとともに、不気味な音が鳴り響く…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ