プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『東京リベンジャーズ』 トーマン&メビウスチームが渋谷でゴミ拾い

『7・3渋谷ゴミ拾い抗争』に参戦したトーマン&メビウスチームの画像

『7・3渋谷ゴミ拾い抗争』に参戦したトーマン&メビウスチーム

 俳優の北村匠海が主演を務める映画『東京リベンジャーズ』(9日公開)。映画公開を目前に控え、本作に登場する“東京卍會”(トーマン)の活動拠点・渋谷で善行を積むべく、トーマンと敵対する“愛美愛主”(メビウス)が『7・3渋谷ゴミ拾い抗争』を行った。

【写真】実際は…仲良くゴミ拾いをするトーマン&メビウスのメンバー

 きょう3日、早朝の渋谷には、黒い特攻服に身を包んだパーちん役・堀家一希率いるトーマンチーム、白の特攻服に身を包んだ長内役・湊祥希率いるメビウスチームの総勢20人が集結。ゴミ拾いボランティアのNPO・グリーンバード協力のもと、原作、アニメ、映画それぞれのキャラクタービジュアルの描かれた看板が飾られたセンター街、東急ハンズ、PARCO、渋谷モディなどを通って清掃活動を実施。自動販売機の上や脇道に落ちている小さなゴミを細かく見つけ率先して掃除するなど、ヤンキーらしからぬまじめな態度で清掃を行った。

 最後はトーマン、メビウスが全員集合してハチ公前で記念写真を撮影。激しいぶつかり合いや小競り合いを起こす事もなく平和に解散した。

 原作は、和久井健氏による人気漫画。主人公のタケミチ(北村)は、ヤンキーだったころに付き合った彼女・橘ヒナタ(今田美桜)とその弟・ナオト(杉野遥亮)が関東最凶の組織“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落―。死を覚悟したタケミチだったが10年前にタイムスリップする。そこでナオトに遭遇し「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことで未来が変化。逃げ続けた人生を変えるため、最凶不良軍団に挑む彼らの挑戦が描かれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ