プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

A.B.C-Z・橋本良亮、中村ゆりかとの大胆ラブシーン連発 『痴情の接吻』長編PR映像が解禁

ドラマ『痴情の接吻』場面写真(左から)橋本良亮、中村ゆりか(C)ABCの画像

ドラマ『痴情の接吻』場面写真(左から)橋本良亮、中村ゆりか(C)ABC

 人気グループのA.B.C-Zの橋本良亮が主演を務めるABCテレビ・テレビ朝日のドラマL『痴情の接吻』(テレビ朝日 3日の深夜2:10、ABCテレビ 4日の午後11:55から)の長編PR映像が到着。耽美でエロティックな偏愛ラブストーリーを謳う今作らしく、橋本にとっては初の挑戦となる、ヒロイン役・中村ゆりかとの大胆なラブシーンの数々が含まれた動画となっている。

【動画】橋本良亮が色気たっぷりに中村ゆりかを口説きまくる長編PR動画

 原作は、雑誌『プチコミック』(小学館)にて連載中で、累計150万部(電子書籍を含む)を突破している人気作。ヒロインを絶対的に愛し、一途に“愛を餌付け”する主人公・上条忍を橋本。何ごとにもあまり興味を持たない彼が、唯一執着する高校時代の同級生・柏木和華を中村が演じる。

 料理・家事・仕事…何でも完璧にこなすドイツ帰りのハイスペック男・忍は高校時代の同級生である和華と10年ぶりに再会し、突然同居を提案する。しかし、和華にとって忍は、高校時代、谷崎潤一郎の『痴人の愛』を読んでいた時に突然キスをされた、悪い意味で忘れられない因縁の相手。偶然にも、引っ越し先を探していた和華は、仕方なく忍の提案を受け入れるが同居して早々「好きだ」と告白される。そんななか、2人は同級生の岳(井上祐貴)と再会。実は高校時代から和華に想いを寄せる岳。その気持ちに気づいている忍は嫉妬を抑えきれず…。

 解禁された2分間の長編PR映像では、橋本と中村が創り出す、官能小説のように美しい、偏愛ラブの世界が満載。甘い物語にスパイスを加えるキャラクターとして和華が「恋愛」よりも「本」を優先するようになる原因を作った元カレ・里島敦(大平修蔵)、岳の上司・戸石教授(マツモトクラブ)、子煩悩な和華の父親・正和(池田鉄洋)と、和華を温かく見守る母・華子(高島礼子)らも登場する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ