プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ブーム終焉から復活を遂げた『たまごっち』の25年、60億損失しても変えなかったルールとは

1996年に発売された初代たまごっち (C)BANDAIの画像

1996年に発売された初代たまごっち (C)BANDAI

 1996年に発売され、今年で25周年を迎えた「たまごっち」。社会現象になるほどの大ブームを巻き起こしたが、ブームの終息と共に売上は低迷し、60億円もの損失を出した。しかし2004年に「かえってきた!たまごっちプラス」を発売して復活し、その後次々と新作を開発。数々の改良を重ね人気を取り戻した。また、アニメ化や映画化もされるほどにまで、たまごっちというIP自体も成長。莫大な損失を抱えながらも切り捨てず、進化させ続けた開発の裏側を聞いた。

【歴代たまごっち】あなたの知ってるたまごっちは?原初の企画書から辿るこれまでの『たまごっち』一覧

■たまごっち最初の企画は“たまご型をした腕時計” 25年の時を超え実現された最新作

 「たまごっち」は画面の中に登場するキャラクターにごはんをあげたり、うんちの掃除をしたり、キャラと遊んだりしながら育てていく育成玩具。育て方次第で様々なキャラクターに成長していくが、ごはんをあげ忘れたり、うんちの掃除が滞ったりすると、機嫌が悪くなり、最悪の場合には死んだり家出をすることもある。これまで登場したキャラクター数は1000近くにも上り、最新作でも新キャラクターが登場予定だ。

 たまごっち誕生25周年に発売する新商品「Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)」を企画した、バンダイの開発担当・安田江利果氏は、「『たまごっち』は大切なブランドであり、長く続いているシリーズということで、正直プレッシャーを感じることもありますが、25周年という節目で、メインターゲットの子どもたちだけでなく、過去に遊んでくれていた大人の方々含めて、『たまごっち』の良さに改めて気づいてほしいと思い、もう一度世の中にブームを巻き起こしたいという強い気持ちで臨みました」と話す。

 最新機種は、これまでとは違うウェアラブル型。スマートウォッチのように身に着けられる形状をしているのだが、実は25年前、一番最初の企画書に書かれていた「たまごっち」も同様の形状だった。

「最初の企画は、たまご型をした腕時計でした。1996年の発売当時は、メインターゲットの嗜好や開発上の理由から、最終的にはキーチェーン型に落ち着つきました」(安田氏 以下同)

 「原初のたまごっち」が25年の時を超え、実現された。形状以外にも今回新しいポイントとなるのが、“たまごっちがユーザーになつく”遊び。「たまごっちスマート」の開発において、苦労した部分だという。

「今までの25年間で“たまごっちが懐く”ということがなかったため、どういった表現や仕草をしていれば良いかというのは色々と検討しました。最近大きな市場になってきたペットロボットを参考にしたり、自分自身が昔飼っていた犬の様子などを思い出したりしながら企画しました」と、開発の苦労を明かした。

■60億もの損失から学んだ「進化の必要性」 たまごっちが“去る演出”も時代と共に変化

 これまでも、2004年に赤外線通信を実装、2008年にはカラー液晶、2018年にはBluetooth通信を実装し、新しい「たまごっち」を生み出し続けてきた。再ブームを巻き起こした「かえってきた!たまごっちプラス」(2004年発売)の赤外線機能は、当時の小学生にとって、あこがれの機能だった。

 「しかし」と安田氏は続け、「改良を重ね、たまごっちが25周年を迎えられたのは、過去の失敗があったから」と話す。「96年に発売し大ブームとなった後、生産が需要に追いついた1998年後半、ブームの終息によって『たまごっち』の売上は低迷し、60億円もの損失を出してしまいました。どれだけヒットしたコンセプトや商品であろうと、現状に満足せず、時代に合わせて進化をさせるというところは、こういった経験から来ているのだろうなと感じています」

 当初から実装されていた“キャラクターが死んでしまう”機能にも変化がある。

「“お世話をサボるとたまごっちが死ぬ”というのが当初のお別れ演出でしたが、“置手紙を残して家出する”という演出に変更されていた時期もありました。近年は、死んでしまう演出に戻っていましたが、最新の『たまごっちスマート』では、初めて“死ぬ”と“家出”両方のお別れパターンがあります。たまごっちとの関わり方によって、エンディングが色々あっても良いな…と思い、本作から取り入れてみました」

 “死ぬ”演出は、子どもたちにとっては少々ショッキングな仕様であり、SNSでは「子どもにしては重い」「子どもが号泣していた」という声の他に、「命の大切さや、ペットを大事にするということをたまごっちから学んだ」という声も寄せられていた。

「基本的には楽しく遊んでもらう玩具のため、教育的な要素を積極的に取り入れているわけではありません。しかし、実際に『ペットが欲しいという子どもに本物を飼う前の練習として購入した』といった声などはよく聞きます。本物のペットらしい遊びを追求している我々としては、たまごっちでそういった部分を感じてくれているのは嬉しいです」

■「一時停止ボタン」が存在しないワケ あえて変えないルールがもたらした、世代を超えた“共通認識”

 変化を続けてきた「たまごっち」だが、25年間変わらず守ってきた“ルール”も存在する。

「“携帯デジタルペット”というコンセプトは25年間同じです。そしてペットを追求するからこそ、歴代の商品で一度も、一時停止ボタンを入れたことがないんです。一度生まれたら、一時停止をすることができないというポイントは変わらず大事にしています。また、たまご型に3つボタンといった形についても、25年間大事にしており、今やその形を見たら世界共通でたまごっちだと認識してもらえるアイコンになっています」

 短期間はブームになっても、需要がないとわかった瞬間に生産をやめるケースは珍しくない。60億もの損失を経験し、一時は生産を中止していたが、成功と失敗を同時に経験し、社会現象にまでなった「たまごっち」は大きな話題となり、世界中で認知された。そこに新たなビジネスチャンスを見出したバンダイは、「たまごっち」を復活させ、開発を続けてきた。

「大変沢山の方に『たまごっち』そのものを知っていただいており、どんな世代や国籍の方とも、ある程度の共通認識を持ったまま『たまごっち』という共通言語を通じてコミュニケーションが取れる。それは、25年前に世界中でブームとなった『たまごっち』ならではの価値だと感じています。育成というコンセプトや印象的な本体デザインなど、今まで遊んでくれていた人たちにも懐かしいと思ってもらえる部分は残しつつ、ユーザーの環境や時代の流れに合わせて“最先端のおもちゃだ!”と思ってもらえる驚きは提供し続けていきたいですね」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ