プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

マヂラブ&アルピー&ニューヨークが“オンエア時間”奪い合う「伝説の番組の始まりだ!」

3日放送の『脳天カルパッチョ』より(C)テレビ朝日の画像

3日放送の『脳天カルパッチョ』より(C)テレビ朝日

 お笑いコンビのマヂカルラブリー、アルコ&ピース、ニューヨークが、3日放送のテレビ朝日系バラエティ番組『脳天カルパッチョ』(後11:00※関東ローカル)に出演する。“真のお笑い力”が試される3つの企画で3組が激突し、地上波放送の実尺49分20秒を奪い合う。また今回、ニューヨークの屋敷裕政が欠席のため、インディアンスの田渕章裕が緊急参戦する。

【写真】六本木でも中野TWLの笑いを披露するアルピー&マヂラブ

 同番組は、面白かった組ほどオンエアされる時間が長くなり、面白くなかった組のオンエアは短縮され、オンエアに乗らなかった分はテラサのみでの配信となってしまう。スベリつづけるとオンエアに全く乗らない可能性も…。彼らのバトルを審査するのは若手芸人50人。先輩芸人として恥ずかしい姿は見せられない。テレビに長く出たいという芸人のプライドを賭けたバトルが繰り広げられる。

 最初のバトルは表現力を競う「クイズ!設定カラオケ」。挑戦者は指定された人物設定を表現しながらカラオケを歌い、他の人はどんな設定で歌っているのか当てる企画となっている。ここでマヂカルラブリー野田クリスタルの表現力が爆発。『M-1』優勝ネタ「つり革」をほうふつとさせる暴れっぷりに注目だ。

 次のバトルは構成力を競う「KATARIBE」。「起承転結」の順に30枚のカードから4枚を使い、お題に沿った面白いストーリーを語る。カードの引きとトーク力がカギになるこのバトル。トリッキーなお題とカードの引きでカオス状態の中、アシスタントの齊藤京子(日向坂46)から「強いと思うのは平子さん!」とお墨付きをもらっているアルコ&ピースの平子祐希が挑戦する。どんどん上がるハードルを平子は飛び越えられるのか。「参加者が心を一つにしようと、もがいた瞬間」と平子が語った悪戦苦闘ぶり。

 コント力を競う「コントのケツは齊藤京子!」は、齊藤が考えた設定とオチ・セリフに合わせて新作コントを作るバトル。屋敷の代打で参加した田渕。普段は漫才でボケ倒しているイメージが強いが、ここではコントでのツッコミに挑戦する。「大汗かいてシャツがびっしょり」になったという田渕&嶋佐コンビをはじめ、三者三様の新作コントを披露する

■各コメント

・アルコ&ピース
平子祐希
気心の知れた仲間たちとぜいたくなセットを組んでいただき、それを更に超若手が見るという。ちょっと頭が変になりそうでした(笑)。一番の見どころは「KATARIBE」ですかね。その人自身の本当の姿が見え隠れするはずです。
生きざまと死にざま両方見せています。これが芸人であり人です。見守ってください。そしてご自身に照らし合わせてください。

酒井健太
ホントに昔から知っているので、マヂカルラブリーさんとか特に。そんな中でこうやってテレビの舞台で一緒に出来るということがうれしいです。思っているより深い番組だと思います。ぜひご覧ください。

・ニューヨーク
嶋佐和也
盛りだくさんで3企画全く違うものをやらせてもらってめちゃくちゃ楽しかったです。ただ何か所かやり直したい所がありましたね(笑)。あと相方が参加できなかったんですけれども、その代わりに普段めちゃめちゃお世話になっているインディアンスの田渕さんが来てくれたので、その田渕さんとペアでいろいろやれたのが新鮮で個人的にはすごく楽しかったです。どんな感じでオンエアされるのか、どこがテラサに行くのか。まさに脳天カルパッチョという番組内容になっていると思います。

・マヂカルラブリー
野田クリスタル
アルコ&ピースさんともニューヨークとも昔からやっていることは変わらない。やっていることが変わらなくて背景が豪華になった。それでもやれているっていうのに感動しています。俺らステージ上がったなと、3組ならいけるんだと。伝説の番組の始まりだ!

村上
アルコ&ピースさんとはお客さんが4、5人みたいなところでやってきて、その時にテレビや人前ではやってはいけないことをやってきたけど、そういうのが今回は出なかったのでホントに成長してるんだなって(笑)。使い分けてるんだなと。
東京芸人のノリに田渕という関西の濃い味が入っていて、すごく変な化学反応になっているので非常に面白くなっていると思います。ぜひ確認してください!

・齊藤京子
5時間カットされるぐらいたっぷり撮ったので、オンエアされるところは相当面白いと思います。本当に楽しかったです。是非よろしくお願いいたします!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ