プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

SUPER BEAVER、オフコースへの並々ならぬ想い 『MUSIC BLOOD』で「言葉にできない」カバー

田中圭と千葉雄大がMCを務める音楽番組『MUSIC BLOOD』にSUPER BEAVERが出演(C)日本テレビの画像

田中圭と千葉雄大がMCを務める音楽番組『MUSIC BLOOD』にSUPER BEAVERが出演(C)日本テレビ

 ロックバンド・SUPER BEAVERが、きょう2日放送の日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:25)に出演する。

【番組写真】『MUSIC BLOOD』でSUPER BEAVERがトーク&ライブ

 MCの田中圭と千葉雄大が毎週1組のアーティストを迎え、“血液”として脈々と流れる思い入れのある音楽や、背中を追い続けるアーティストを深堀りする番組。今回のゲスト・SUPER BEAVERは、敬愛するバンド・オフコースへの並々ならぬ想いや、バンド存続の危機を乗り越えてから芽生えた音楽に対する新たな感情などを吐露する。

 この10年間、年間100本以上のライブを続けているというSUPER BEAVER。渋谷龍太(Vo)は「今はこのご時世ですので大変なことはありますが、ライブは毎回すごく楽しいです。僕らにとって、フロアからいただくものがすごく大きいんですよね」と胸中を明かす。

 過去にバンド崩壊の危機があったことにも言及。結成4年目でメジャーデビューを果たし、一躍人気アーティストの仲間入りを果たすも、その後、運命の歯車が狂い出す。存続の危機をどのように乗り越えてきたのか、当時の様子も振り返る。

 SUPER BEAVERがミュージシャンとして大きな影響を受けたというオフコースについてもじっくり熱を込めて語ると、「BLOOD SONG」としてオフコースの「言葉にできない」を披露。曲中に登場する“あなた”という歌詞を大事にするSUPER BEAVERの一夜限りのパフォーマンスに注目だ。

 もう1曲の「BLOOD SONG」として、映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)の主題歌に起用された新曲「名前を呼ぶよ」を披露する。

 SHOWROOMが展開する縦型&短尺映像配信アプリ「smash.」では、地上波放送直後からSUPER BEAVERの撮り下ろしパフォーマンス映像「UNCUT」を独占配信。「名前を呼ぶよ」は渋谷龍太カメラの映像を完全無料で配信する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ