プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

小栗旬、ハリウッドデビューに大河の主役…次に目指すものは?

映画『ゴジラ vs コング』でハリウッドデビューを果たした小栗旬(撮影/松尾夏樹)(C)ORICON NewS inc.の画像

映画『ゴジラ vs コング』でハリウッドデビューを果たした小栗旬(撮影/松尾夏樹)(C)ORICON NewS inc.

 俳優・小栗旬のハリウッド初参戦作品としても注目される映画『ゴジラ vs コング』がついに日本公開。小栗が演じたのは、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズ前二作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮(せりざわ・れん)。日本において数々の主演作で大ヒットを飛ばしてきた小栗は、本作で鮮烈なハリウッドデビューを飾った。公開直前、ジャパンプレミアのイベント前に話を聞いた。

【動画】映画『ゴジラ vs コング』予告編

 小栗が「ゴジラ」シリーズでハリウッドデビューすると報じられたのは2018年11月。19年3月頃にはオーストラリアで行われた撮影に参加し、20年3月には全世界で公開される予定だった。それが、コロナ禍で公開が1年延期に。日本では再延期もあって、待ちに待ったというファンも多いことだろう。小栗は、というと?

 「そんなにがっつり参加したというほどでもないので、そこまでは…。ただ、中国やアメリカなどで公開されて、映画自体はヒットしているというのを聞くと、純粋にうれしいです」と、冷静に話し出した。

 とうの昔に撮影は終っており、そこで立ち止まっているはずもない。昨年、アメリカに留学していると話題になったように、彼は前に進んでいた。

 「チャンスがあれば、ハリウッドをはじめ海外作品にも参加したいという意欲はずっと持ちつつも、スケジュールの問題もありましたし、今回の出演オファーをいただいた時点での僕の英語力では難しいという声もあったので、断らざるを得ない状況でした。それが、人との縁や巡り合わせに恵まれて、貴重な体験ができたことは本当にありがたい、光栄なことだったと思っています」

 英語のせりふを猛特訓して撮影に臨んだが、「言語の問題はなかなかしんどかった」という。「英語との向き合い方が変わるきっかけにもなりました。現場に英語のせりふを言いに行くんじゃない、芝居をしに行くんだってこと。そのために監督や共演者と英語でコミュニケーションをとる必要があるならできるようになっておかないと。日本でやっていることが、ほかの国に行ってできなかったら、僕がそこにいる意味ってなんなんだ?ってことになってしまいますからね」

 それで昨年1年間、語学留学でアメリカに渡ったのだが、途中でパンデミックが起きて、ロックダウン。「家からビデオ通話でレッスンを受けながら、何しにアメリカに来たんだ? と思いましたね。日本でもできるじゃないか、って(笑)。語学留学は、今後タイミングがあれば改めてチャレンジしたいと思っています。その時まで、今できる勉強を継続して、ベースアップしておきたいと思っています」

■挑戦するために「準備しておかなければ」

 1994年11歳でデビュー。『GTO』(98年)、『ごくせん』(02年)といった今も語り継がれる学園ドラマで印象を残し、『花より男子』(05年)でブレイク。『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(07年)で人気を不動のものにした。『クローズZEROシリーズ』 (07年、09年)、『リッチマン、プアウーマン』(12年)、『信長協奏曲』(16年)といった主演作がヒットし、近年は、福田雄一監督とタッグを組んだ『銀魂』シリーズ (17年、18年)のようなコメディーから、すでに時効を迎えた未解決事件の真相を追う新聞記者を熱演した『罪の声』(2020)のような作品まで、幅広い役柄で結果を出し続けている。

 映像作品で活躍する一方、蜷川幸雄演出のシェイクスピア劇をはじめ、舞台作品にも挑戦して演技力を磨き、映画『シュアリー・サムデイ』(10年)で長編監督デビューも果たした。そして、2022年放送予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では主人公・北条義時を演じる。『ゴジラ vs コング』でハリウッドデビューも果たした。多くの俳優が目標としているもの、憧れているものを、片っ端から経験している俳優も珍しい。彼をスターたらしめる所以だ。次は何を目指し、どこへ向かっていくのか。私たちにどんな世界を見せてくれるのか。

 「それは自分にとっても大きなテーマですね。若い頃に目標としていたことが、ありがたいことに一つひとつ叶っていき、そのたびに次は何をモチベーションにしていこうか、と考えてきました。大河ドラマの主役もいつかやってみたいと思っていたこと。となると次は本当に自分がまだ見たことのない世界へのチャレンジしかないよな、と思っています。日本国内にも自分が知らないことはまだまだたくさんあると思うし、それが海外にあるといった時に言語的な壁を乗り越えていけるように、チャンスが巡ってきた時に躊躇なく飛び込める準備をしておかなければいけないと思っています」

 この夏は、小栗が「スケールの大きさ、パワーに圧倒された」というハリウッド超大作の世界を我々も存分に楽しませてもらうことにしよう。

 『ゴジラ vs コング』は、ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014年)と『キングコング:髑髏島の巨神』(17年)の壮大な世界観をクロスオーバーさせた「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では、これぞゴジラ! というド迫力の怪獣バトルに世界中が熱狂し、大ヒットを記録。その前作で強大な怪獣たちとの死闘の末、王<キング>として覚醒したゴジラが今回対峙するのは、同じく映画史に君臨してきた究極のモンスター・コング。彼らはなぜ戦うのか。この最強対決の〈表〉では、前作を上回るスケールで怪獣バトルが描かれ、その〈裏〉では、地球と人間たちとの間の深淵をのぞかせる。

 「出来上がった映画は、最初から最後まで、息つく間も無い怒とうの迫力で、よくこんな事を考えるなぁと思うくらいアイデアに満ちていて、痛快。ここ最近、しばらく観ることができなかった圧倒的なエンタテインメントとしてとても楽しめる作品になっていると思います。同時に、ゴジラやコングのような圧倒的な存在というのには、どこか自然災害に例えられるような要素があるな、ということも感じますし、人間の愚かな行為に警鐘を鳴らす存在とも受け止められる。映画を観て、いろいろ感じてもらえるといいな、と思います」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ