プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

『呪術廻戦』榎木淳弥&内田雄馬&瀬戸麻沙美ら7人集結 生アフレコなど披露 【じゅじゅフェス公式レポート】

『呪術廻戦』スペシャルイベント「じゅじゅフェス 2021」の様子の画像

『呪術廻戦』スペシャルイベント「じゅじゅフェス 2021」の様子

 先月13日に開催されたアニメ『呪術廻戦』のスペシャルイベント『じゅじゅフェス 2021』のオフィシャルレポートが到着した。

【イベント写真】全員黒衣装で『呪術』カラー意識! 生アフレコ&朗読劇する声優陣

 呪術高専・東京校7人のキャラクターを演じる榎木淳弥(虎杖悠仁役)、内田雄馬(伏黒恵役)、瀬戸麻沙美(釘崎野薔薇役)、小松未可子(禪院真希役)、内山昂輝(狗巻棘役)、関智一(パンダ役)、中村悠一(五条悟役)が、オープニングムービーに合わせて登場した。

 最初のコーナーは、「キャストが選ぶ名シーン生アフレコ!」と称し、アニメシリーズを振り返り、登壇キャストが、それぞれほかのキャストが演じるキャラクターのお気に入りシーンを発表。そのシーンを生アフレコで披露することになった。

 最初に、中村が選んだ「虎杖悠仁」の名シーンが紹介され、2話で虎杖が「生き様で後悔はしたくない」と語るシーンを榎木が会場で生アフレコ。中村は「虎杖は作中でも常にこのセリフを心に持ち続け、ずっとこの言葉に縛られていく。とても印象的なセリフだと感じました」と語った。

 生アフレコ、朗読劇、ライブなどの企画を実施した『じゅじゅフェス2021』イベント最後は、キャスト陣がファンに向けてのメッセージを送った。

・榎木淳弥
アニメスタッフが全力でこの作品を作り、キャスト陣がそれに応えられるように頑張りました。まずは劇場版を宜しくお願いします。そして、続きもやってほしい思いがあります。その時には、アフレコを全員で演じられる環境になっていたら、空気感もまた変わってくると思います。そんな世の中に早くなってほしいと願っています

・内田雄馬
2クールを演じて、各方面で作品への熱い言葉をいただく機会がありました。この熱狂を一緒に感じながら、また作品を制作できることは非常に幸せです。まずは12月24日公開の劇場版を楽しみにしていただき、その先も描いていけたらと願っています。

・瀬戸麻沙美
こうしてファンの皆さんの前に立つことが久しぶりなのですが、発表を観た時の、皆さんの喜ぶ顔を直に観ることができてとてもうれしいです。今後の展開が発表されましたが、応援してくださる皆さんのお陰だと改めて感じました。これからも宜しくお願いします。

・中村悠一
原作をお読みの方はご存知の通りだと思いますが、アニメが続かないと私が演じる五条はよく分からない、ただ煽るだけの人なので……。ぜひ続きをやってもらいたいです

・小松未可子
『呪術廻戦』のイベントでは、2年生は初の参加になったと思います。色々な側面から作品を楽しむことができました。『呪術廻戦』を観ない日が無いくらい、たくさんの方に愛されている作品だと感じています。これからも応援をよろしくお願いします

・内山昂輝
久々に『呪術廻戦』の世界に浸ることができて楽しかったです。ここにいないほかのキャストさんのお話や、ほかのキャラクターのセリフを聞きたいという方もいらっしゃると思いますので、またこういうイベントが開けるといいなと思います。

・関智一
久しぶりにお客さんの前でイベントを行いました。動物の中でも人気の高いパンダを演じられる事に喜びを感じました。謎の多いキャラクターなので、その謎を紐解いていけたらと思っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ