プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

『日ペンの美子ちゃん』が“左利き”の救世主に、SNSに寄せられた不満受け新コース登場

『日ペンの美子ちゃん』(画像提供)学文社の画像

『日ペンの美子ちゃん』(画像提供)学文社

 誰もが抱える「字がキレイになりたい」という悩み。しかし左利きの人は、「万年筆が使いにくい」「字を練習したくても、お手本の字が隠れる」といった問題もあるという。そんな中、“日ペンの美子ちゃん”で知られる『ボールペン習字講座』を運営する学文社は6月30日、左利きに適したコースを新設したことを発表した。

【漫画】「左よっ!!」『日ペンの美子ちゃん』、左利きの悩みを知った美子ちゃんが取った行動とは…?

 字の練習を目的とした練習帳やテキストは、多くのものが向かって左側に手本となる字があり、それを見ながら隣接するマスに書き込む形式が主流だった。しかし、左利きの人がそれを使う場合、筆記具を持つ左手が手本に覆いかぶさってしまい、手本を見ながら練習することが難しかったという。

 そこで『ボールペン習字講座』では、手本と練習マスの位置を左右反転させたテキストを用意。左利きでも見本を見ながら練習できる内容に変更された。

 同社の発表によると、日本人の左利きの割合は人口の10%前後といわれているという。左利きに限定した商品の開発が難航していたものの、マスコットキャラクターである『日ペンの美子ちゃん』の公式SNSなどを通じて、左利きの人の切実な悩みを知る機会が増えたこともあり、このたびの実現に至ったようだ。

 受講費用は右利きと同様の2万9800円(税込)で、申込時にどちらのコースかを選択する。また、『日本左利き協会』と『左ききの道具店』の協力のもと、筆記具などの便利グッズも紹介する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ