プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

チョコプラ『社会を明るくする運動』参加 更生への“受け皿”が再犯防止に

『第71回 社会を明るくする運動~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~』キックオフイベントに参加したチョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿(C)ORICON NewS inc.の画像

『第71回 社会を明るくする運動~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~』キックオフイベントに参加したチョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・チョコレートプラネットが1日、法務省で行われた『第71回 社会を明るくする運動~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~』キックオフイベントに参加した。

【集合ショット】ジャルジャル、シソンヌ、3時のヒロインらよしもと芸人が登場!

 『コント芸人が法務省とコント作りに挑む!』と題して、チョコプラは協力雇用のコントを制作。実際に協力雇用主の三上工業を訪れ、話を聞いたそう。手押し車を「ネコ」と呼ぶが新人は動物のネコを探しがちという現場で実際にある“ネタ”をゲットし、コント化する可能性を示唆した。

 イベントを終え、取材に応じた長田庄平はコントを通じて発信したいことを問われると「犯罪を犯してしまっても、もう一度、世の中に復帰できる。そういう世の中になればいいとコントを通じて伝えさせていただけたら」と低めのウィスパーボイスで返答。松尾駿から「カッコつけすぎて逆にダサくなっちゃってる…」とツッコまれた。

 長田は「三上工業さんを取材させてもらったんですけど、罪を犯しても社会に復帰するために働かないといけない。その受け皿がないと再犯してしまう可能性がある。そこを懐深く受け入れてもらえるところがあるのは本当にいいなと思った。三上工業さん、みなさん優しくて。会長も罪を犯しても何をしたのかは聞かない。『今、頑張って働いてくれれば、それでいい』と」と振り返った。

 “社会を明るくする運動”は、すべての国民が犯罪・非行の防止と、犯罪・非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、安全で安心な明るい社会を築くための全国的な運動。今年は、旬のコント芸人のジャルジャル、チョコレートプラネット、シソンヌ、3時のヒロインの4組が「更生保護ボランティア」を題材としたコント作りに挑み、きょうを皮切りにYouTubeチャンネルで公開する。イベントでは、一部がお披露目。社会を明るくする運動フラッグアーティストとして谷村新司も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ