プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ボス・ベイビー“コンビ”の活躍に期待が高まるポスタービジュアル解禁

アニメーション映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』(2021年冬公開)(C) 2021 DreamWorks Animation LLC.  All Rights Reserved.の画像

アニメーション映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』(2021年冬公開)(C) 2021 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

 全世界で600億円超の興行収入をあげ、2018年に日本でも興収34億円超の大ヒット(ドリームワークス・アニメーション作品として歴代1位)となった『ボス・ベイビー』の続編『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』(今冬公開)のポスタービジュアルが解禁された。

【画像】テレビシリーズも人気の『ボス・ベイビー』

 前作では、7歳のティムの家族のもとに弟として迎え入れられ、活躍した<ボス・ベイビー>ことテッド。見た目はかわいい赤ん坊なのに、中身はオッサンというギャップが大ウケ、世界中で話題になった。

 新作では、大人になったティムは結婚し、幼い2人の娘を持つ専業主夫に。テッドはボス・ベイビーからスーパービジネスマンのエリート社長になり、見た目までもおっさんに!? 疎遠になっていた2人は、ある日再び引き合わされることになる。それはなんと、ティムの次女ティナの仕業だった。

 ティナは“見た目は赤ちゃん、中身は女スパイ”の新たな<ボス・ベイビー>だったのだ。彼女の目的は、大人になったテッドをスーパーミルクで<ボス・ベイビー>に戻し、悪の天才博士率いる極悪ベイビー軍団から世界を救うこと。あの“見た目は赤ちゃん、中身はオッサン”のボス・ベイビーが戻ってきて、ティナと最強のボス・ベイビーコンビを結成。テッドと共に少年に戻ったティムも加わり、史上最大のピンチに立ち向かう。

 今回解禁されたポスタービジュアルでは、「お待たせ、ベイビー。」のコピーと共に、赤ちゃんなのに黒スーツを身に着け、愛くるしいけどどこかふてぶてしさも漂うボス・ベイビーコンビがポーズを決めている。日本語吹替版声優には、前作でもテッドことボス・ベイビー役を演じたムロツヨシの続投が決定している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ