プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

内田篤人、テレ朝の『東京オリンピック』キャスターに 松岡修造&寺川綾とトリオ結成

テレビ朝日系列『東京 オリンピック』キャスターに決定した(左から)内田篤人、松岡修造、寺川綾 (C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日系列『東京 オリンピック』キャスターに決定した(左から)内田篤人、松岡修造、寺川綾 (C)テレビ朝日

 7月23日に開幕する『東京2020オリンピック』。テレビ朝日系列ではアテネ五輪からメインキャスターを務める松岡修造、そしてリオ五輪からコンビを組む寺川綾が引き続きキャスターを務めるが、今回から元サッカー日本代表の内田篤人も新たに加入し、強力なトリオを結成する。

【写真】東京2020表彰式で使用されるメダルトレイ

 テレビ朝日系列は、開幕翌日の24日午前9時30分から深夜2時まで16時間半の長時間にわたって東京オリンピックを丸一日放送。さらに翌25日も午前8時30分から深夜2時までの17時間半放送する。

 24日午後7時からは、池江璃花子が女子400メートルリレー予選に登場。今回、池江は個人種目に出場しないことが発表されているため、東京五輪は、このリレーに全てをかけて臨む。25日午後8時からは男子サッカー2戦目のメキシコ戦を放送。予選突破がかかる可能性が高い試合を、2008年北京五輪代表だった内田が伝える。

 今年3月から『報道ステーション』のスポーツキャスターに就任し、第2のフィールドを走りはじめた内田。北京五輪には代表としてピッチに立ったが、キャスターはもちろん初体験。「選手時代はただ自分の思いをお話しすればよかったのですが、アスリートの気持ちを聞き出すという逆の立場になってみて、確かに難しさを感じることは多いです。でも、とてもやりがいのある仕事をいただいて光栄に思っています」としみじみ。『東京2020オリンピック』に向けて「サッカーだけではなく、さまざまな競技の面白さ、難しさを伝えられたら…。そして日本国民のひとりとして、日本選手たちがオリンピックで輝けるよう、少しでも力になりたい」と意気込んだ。

■内田篤人コメント
――3月から『報道ステーション』のスポーツキャスターを務めていますが、今、キャスターという仕事をどのように感じていますか?
【内田】選手時代はただ自分の思いをお話しすればよかったのですが、アスリートの気持ちを聞き出すという逆の立場になってみて、確かに難しさを感じることは多いです。でもさまざまなスポーツを取材することができますし、とてもやりがいのある仕事をいただいて光栄に思っています。
――『東京オリンピック』で注目している競技や選手は?
【内田】『報道ステーション』で取材したBMXやバスケットボールはとても気になります。僕自身、オリンピック出場経験があるので重圧を感じる選手たちの気持ちもわかるのですが、国を背負って戦う、その後ろ姿を見せてほしいなと思います。さまざまな困難がある中ですが、出場するアスリートたちにはすべてを出し切ってほしいですね。また、サッカーでは高校時代から一緒にやってきた盟友・吉田麻也がオーバーエイジ枠で選ばれましたが、キャプテンとしてしっかりした戦いをしてほしい。かなり厳しい見方をされるとは思いますが、彼はそれに負けずやれる選手。サッカー日本代表は『東京2020』で必ず、メダルを手にすることができると信じています。
――ともにキャスターを務める松岡修造さん、寺川綾さんの印象を教えてください
【内田】修造さんは、周りにパワーを分け与えることができる方。そういうパワフルさは僕も目指したいところですし、今大会では修造さんが取材する姿を間近で拝見して勉強させていただきたいなと思っています。寺川さんは水泳という“道”を極めた方。競技に対して深い考えや思いを持っていらっしゃるので、そのご意見をお聞きできるのを楽しみにしています。
――『東京オリンピック』に向けて意気込みを
【内田】アスリートという立場からの意見もお伝えしたいですし、ただただ素直に日本選手を応援したい思いもあります。今大会ではサッカーだけではなく、さまざまな競技の面白さ、難しさを伝えられたら…。そして日本国民のひとりとして、日本選手たちがオリンピックで輝けるよう、少しでも力になれたらと思っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ