プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【オリコン上半期】『ウマ娘』BD異例の大ヒットでランクイン、アニメ映像作品で堂々の1位

ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のビジュアル(C)Cygames, Inc.の画像

ゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のビジュアル(C)Cygames, Inc.

 『『ウマ箱2』第1コーナー(アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」トレーナーズBOX)』が、29日に発表された『オリコン上半期 映像ランキング2021』Blu-rayランキングにて、17.5万枚を売り上げ3位を獲得した。

【上半期ランキング】ウマ娘を超えた1位、2位は…?BDランキングTOP10を発表!

 本作は、1月から3月にかけて放送された『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』の第1話~第4話までが収録。同作は地上波のほか、アマゾンプライムでも配信されているように、近年はほとんどの作品がYouTubeや動画サブスクリプションサービスで視聴が可能だ。そのため、アニメの映像作品は数万枚売れればヒットと言われる中、人気作『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』などを凌駕する驚異的なヒットを打ち出し、アーティスト以外の映像作品で最も高い売上を記録した。

 その理由は、封入特典にある。アニメ出演声優のスペシャルイベントの応募券のほか、ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』で使えるアイテムと交換できるシリアルコードも付属。わずか3ヵ月半で800万ダウンロードを突破したスマートフォン/PCゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』に直結する特典が異例のヒットの起因となった。

 同ゲームは、サイレンススズカやゴールドシップなど、実在した競走馬を美少女にした育成シミュレーションゲーム。競走馬を擬人化したキャラクターである「ウマ娘」を育成し、「トゥインクル・シリーズ」と呼ばれるレースでの勝利を目指す。野球選手の田中将大、タレントの中川翔子など、多くの有名人がプレイしており、ツイッターなどでプレイ画像を投稿していることでも話題となっている。

 他にも、週刊ヤングジャンプにて連載中のウマ娘・オグリキャップを主人公にしたスピンオフ漫画『ウマ娘 シンデレラグレイ』は、コミックス累計発行部数が100万部を突破。メディアミックスコンテンツとして、アニメ、ゲーム、漫画と広く人気を集める作品となった。

※集計期間:2020/12/28付~2021/6/21付(実質集計期間:2020/12/14~2021/6/13)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ