プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

佐々木蔵之介、せりふ練習で脳トレ 専門用語に悪戦苦闘「老化防止になりましたね」

テレビ朝日系木曜ミステリー枠『IP~サイバー捜査班』の制作発表記者会見に出席した(左から)間宮祥太朗、佐々木蔵之介、福原遥(C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日系木曜ミステリー枠『IP~サイバー捜査班』の制作発表記者会見に出席した(左から)間宮祥太朗、佐々木蔵之介、福原遥(C)テレビ朝日

 俳優の佐々木蔵之介が28日、主演するテレビ朝日系木曜ミステリー枠『IP~サイバー捜査班』(7月1日スタート、毎週木曜 後8:00※初回は2時間スペシャル)の制作発表記者会見に出席した。

【全身カット】羽織が印象的な佐々木蔵之介&初の刑事役もキュートな福原遥

 はじめに佐々木は「改めまして、サイバー総合事犯係の安洛一誠という役です。サイバー捜査に長けていて、現場にも行かずに、目の前のパソコンだけで犯人を逮捕できる人物。私はサイバーやITで超ど級が付くロースペックな人間でして、現場で何度“絶望”したことか…」と冗談交じりにあいさつした。

 そして絶望という意味を問われ、「毎回これでもかと専門用語の雨あられを投げかけられる。それをぶつぶつぶつぶつ京都の町、鴨川を歩きながらせりふを入れていた」とし、悪戦苦闘ぶりを明かした。分からない言葉について「調べて意味を理解するが(せりふとして)スっと出ないといけないので、反復練習ですね。ドラマが難しいわけではない。まぁ老化防止になりましたね」と苦笑した。

 福原遥は大きくうなずき、「(佐々木が)撮影初日から最後までせりふ量がすごかった。いつも、ぶつぶつせりふを練習されてた。本番になったら一気に早口のように出てきたので衝撃を受けましたね」と撮影を回顧。間宮祥太朗は「せりふを言いながら、モニターをいじったりとか動きもあった。あれも大変でしたよね」と、佐々木の苦労を語った。

 ドラマの舞台は、京都府警本部が新設したサイバー総合事犯係。鳴り物入りで結成されたが、ネット犯罪の下調べや後片付けなど面倒な仕事ばかりを押しつけられ総事係=お掃除係と揶揄される最先端なのにちょっと残念な部署。物語は、そんな“お掃除係”に新人刑事・古宮山絆(福原遥)が配属されてきたところから始まる。絆は亡き母が遺した1枚の写真から、お掃除係の主任・安洛一誠(佐々木蔵之介)こそ自身の父親なのではと考え、彼を探るためにこの部署に来たが、安洛はスゴ腕のサイバー捜査官である上に超のつく変わり者。「人間の感情はムダ」と言い切る安洛に反発する絆、そこに裏で安洛について調べる元捜査一課の刑事・多和田昭平(間宮祥太朗)が加わり、三つ巴の人間模様が展開されていく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ