プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

丸山桂里奈&本並健治夫妻らが“多様な”サッカーを体験「めちゃくちゃ難しかったです」

P&G『Create Inclusive Sports』~性別や年齢、身体的特徴などにとらわれない“新しいサッカー”を創り、体験するイベント~の模様 (C)ORICON NewS inc.の画像

P&G『Create Inclusive Sports』~性別や年齢、身体的特徴などにとらわれない“新しいサッカー”を創り、体験するイベント~の模様 (C)ORICON NewS inc.

 元サッカー日本代表の中澤佑二、丸山桂里奈&本並健治夫妻、タレントのJOYらが28日、都内で行われたP&G『Create Inclusive Sports』~性別や年齢、身体的特徴などにとらわれない“新しいサッカー”を創り、体験するイベント~に出席した。

【写真】白熱!コンビで競り合うおかずクラブ

 この日は、主に上肢、下肢の切断障害をもった選手がプレーする「アンプティサッカー」、聴覚に障害をもった選手がプレーする「デフサッカー」、視覚に障害をもった選手がプレーする「目隠しサッカー」の3種を、メドレー形式で体験し、ひとつの競技として行う「インクルーシブ メドレーサッカー」をプレー。

 P&Gでは、すべての人に平等な機会が与えられ、インクルーシブな職場と世界を実現することを目指し、さまざまな取り組みを展開している。今回は、その一環として、世界中の人々に愛されているサッカーを通じて「平等な機会とインクルーシブな世界の実現」を目的としたイベントを開催した。

 3種類のサッカーを体験した丸山は「めちゃくちゃ難しかったです。目隠しサッカーでは、一度もボールを触れませんでした。元アスリートとしてこんなにもできないのかと、いろんな意味で悔しさがあります」と振り返った。本並は「サッカーってこんなしんどかったでしたっけ?(笑) 頭も体も使うので、すごく良いトレーニングになりました」とスッキリした表情で感想を語った。

 体験後には「歩いてプレーをする」「相手がゴールを入れたら1分間選手を追加する」というルールを追加して「みんなで作るインクルーシブサッカー」も実施。

 中澤は「自分たちでルールを決め手、形しいサッカーに向き合えるのは新鮮でした」と笑顔。選手たちを見守っていた松岡修造は「サッカーだけでなく、これから日本にとって最も大事なものをスタートできたと思います!」と話した。

 イベントには、アンプティサッカー日本代表のエンヒッキ・松茂良・ジアス選手、5人制サッカーの菊島宙選手、松本山雅B.F.C.の落合啓士監督、デフフットサル女子日本代表の宮田夏実選手、お笑いタレントのアントニー、おかずクラブ、りんごちゃん、村上佳菜子も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ