プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

AKB48、海外姉妹グループ7組とオンラインで共演「新しいステージに向かっていきたい」

本田仁美センターで「フライングゲット」を披露するAKB48(C)AKB48 GROUP ASIA FESTIVAL 2021 ONLINE executive committeeの画像

本田仁美センターで「フライングゲット」を披露するAKB48(C)AKB48 GROUP ASIA FESTIVAL 2021 ONLINE executive committee

 アイドルグループ・AKB48と海外姉妹グループのJKT48(インドネシア・ジャカルタ)、BNK48(タイ・バンコク)、MNL48(フィリピン・マニラ)、AKB48 Team SH(中国・上海)、SGO48(ベトナム・ホーチミン)、AKB48 Team TP(台湾・台北)、CGM48(タイ・チェンマイ)の7組が27日、オンラインライブイベント『AKB48 Group Asia Festival 2021 ONLINE』を開催した。AKB48のメンバー16人が出演したTOKYO DOME CITY HALLからアジアの各地域をつなぎ、オンライン上で約150人が共演した。

【ライブ写真】IZ*ONEの活動からAKB48に復帰した本田仁美

 『AKB48 Group Asia Festival』は2019年にタイ・バンコクと中国・上海で実施され、今回で3回目。上海での公演に出演した久保怜音は「前回のAKB48 Team TPのメンバーと仲良くなりました。今回再会することを楽しみにしていたので実際に会えなくて残念ではあるけど、こういう形で参加できてうれしい」とコメント。小栗有以は「これまで以上にメンバー同士の友情を深めながら、会場の皆さん、そしてオンラインをご覧になっている皆さんと同じ時間を共有できることに感謝しながら、すてきな時間を過ごしましょう」と盛り上げた。

 前半は、海外姉妹グループのライブパートに、AKB48のミニライブをはさみながら進行。3月にコロナ禍で“リストラ”を行い、33人体制で新たなスタートを切ったJKT48は、パフォーマンスのテーマを「New Era」(新時代)とし、新曲「Darashinai Aishikata(だらしない愛し方)」をはじめ4曲をビッグバンドアレンジで熱唱した。それぞれのグループも同様に、それぞれが独自に設けたテーマに沿って個性を発揮し、力強いパフォーマンスを披露した。

 中盤では各都市と中継でつなぎ、姉妹都市のメンバーとトーク。各都市の一風変わったお祭りや面白いお祭りを紹介して文化や風土を知ろうというもので、CGM48はチェンマイの水かけ祭「ソンクラーン」、AKB48 Team SHは上海の「豫園(よえん)ランタンフェスティバル」の様子が紹介された。

 後半のAKB48パートのテーマは「祭」。「恋のお縄」でお祭り気分を一気に加速させると、「チャイムはLOVE SONG」(SKE48曲)、「メロンジュース」(HKT48曲)など国内5つの姉妹グループの楽曲を取り入れた10曲をパフォーマンスした。XR技術を使った演出も特徴の一つ。タケナカ社の技術協力のもと、インタラクティブツール「エモリス」を導入し、客席やオンライン視聴者からの応援コメントがスクリーンに映し出された。

 エンディングでは再び、海外姉妹グループの映像を背に、「365日の紙飛行機」を全員で大合唱。岡田奈々は「AKB48は去年で15周年を迎えることができました。16年目も新しいステージに向かっていきたいと思いますので応援よろしくお願いいたします。来年の開催地がバンコクに決まったので、皆さん楽しみにしてください」と、次回開催地のバンコクでの再会を誓った。

 なお、このイベントに向け、出演メンバー全員が投稿するTikTokのアカウントを開設した。メンバーがそれぞれ得意な分野で動画を作成して投稿する形をとり、開始2ヶ月で700以上の動画を投稿し、総合再生数3100万回、450万いいね、1200万コメント、1500万のシェアを獲得した。4月からは投稿へのハート、コメント、シェア数をポイント化して競い、5092万9661ポイントを獲得したBNK48がグループ総合優勝した。

 会場には収容人数50%の1100人が来場。オンラインでは国内推定視聴者数約10万(チケット販売数2万9812枚)、アジア各地区・全世界:推定視聴者数約47万と発表された。

■『AKB48 Group Asia Festival 2021 ONLINE』AKB48出演メンバー
大盛真歩、岡田奈々、岡部麟、小栗有以、加藤玲奈、行天優莉奈、久保怜音、倉野尾成美、下尾みう、谷口めぐ、千葉恵里、西川怜、本田仁美、武藤十夢、村山彩希、山内瑞葵

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ