プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田中圭主演『らせんの迷宮』10月スタート コロナ禍で“一年延期”も再クランクイン

『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』が放送決定(左から)倉科カナ、安田顕、田中圭、松坂慶子 (C)夏緑・菊田洋之・小学館/テレビ東京/AX-ONの画像

『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』が放送決定(左から)倉科カナ、安田顕、田中圭、松坂慶子 (C)夏緑・菊田洋之・小学館/テレビ東京/AX-ON

 俳優・田中圭が主演するテレビ東京系ドラマ『らせんの迷宮~DNA科学捜査~』。新型コロナウイルスの影響で約一年半の放送延期を経て、10月クールの金曜8時枠ドラマとしてスタートすることが28日、発表された。

【写真】主題歌を担当するBTS

 同ドラマは、漫画『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』(作:夏緑、画:菊田洋之/小学館)を原作に、「DNAは嘘をつかない」が口癖で、数億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女とともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るミステリー。

 細胞医療学科・ゲノム解析学研究室所属にして准教授の肩書きを持つDNAの専門家・神保仁を田中、神保と事件解決のためにタッグを組む熱血刑事・安堂源次を安田顕、「科捜研の女」こと警視庁科学捜査研究所の乱原流奈を倉科カナ、警視庁捜査一課・課長で安堂の上司・栗原四郎を渡辺いっけい、警視庁捜査一課・巡査で安堂班の若手刑事・瓜生夏樹を中田圭祐、カフェ「ゲ呑ム」(げのむ)のママ・馬場ゆかりを松坂慶子が演じる。

 6月某日、ほかのキャストより一足早く“再クランクイン”した田中と安田は、ある殺人事件を捜査中の源次が、神保を連れて事件の痕跡を探すシーンを撮影。一年以上のブランクを感じさせない2人の息の合った演技にも注目だ。

 さらに主題歌は、韓国の男性7人組グループ・BTSの新曲「Stay Gold」が変わらず起用されることも明らかとなった。

■以下、キャストのコメント
<田中圭(神保仁役)>
去年撮影途中で延期と聞き、中止じゃないだけ幸せかもと思っていました! ついに撮影再開できる! と分かりうれしかったです。ただ、一年以上昔のことなので、つながりだったりは諦めようと、潔く、撮影に挑んでおります!

共演者の皆様とは、すごい久しぶりのはずなのですが、そんな感じもせず。そして、一年前より皆様パワーアップしてます! 相変わらずヤスケンさんは頼りになりますし。ほのぼのとゆったりやらせていただいております。倉科ちゃんは髪が短くなって、いっけいさんは痩せました! そんな違いも、なんていうのでしょう。めちゃくちゃレアな、特別感があるドラマだと思っています! 楽しんでください!

凸凹コンビが難事件を解決していきます! 自分も台本を読みながら、DNAはすごいなと日々勉強しています。ヤスケンさんと一緒に皆様がワクワク楽しみながら応援できるコンビを目指しますので、見るだけで、楽しく、更にはDNAの勉強にもなり賢くもなるというドラマにしたいと思っていますので、ぜひ楽しみにしていてください!

<安田顕(安堂源次役)>
放送が決まり、安堵しました。撮影半ばでの中断という、やりきれないモヤモヤを晴らしてくださり、心より感謝申し上げます。一年振りの撮影再開。田中圭さんはじめ、キャスト、監督、スタッフさん達との再会。やはりうれしく、なんだかドラマのパート2が始まったような感覚です。このドラマに携わる全員の熱意により、視聴者の皆様にお届けすることができそうです。ぜひ、ご覧ください。

<倉科カナ(乱原流奈役)>
撮影が途中でストップせざるをえない、なんだか喉に小骨が刺さったままの様な一年だったので、放送が決定した時なんだか晴れやかで、やっとこの作品を皆様にお届けできると思うと安堵しております。

圭くんとは本当に長い付き合いで、俳優さんの中で一番、共演が多く、気心知れた、頼れる先輩俳優さんなので、現場ではやっぱり安心して頼ってしまいますね! また雰囲気もとっても和気あいあいとしています。一年空いたというのは、残念ではありますが、その分、一年前は緊張していた現場が、熟成された関係になったといいますか、いい意味で気が楽に居られて、とっても和やかに的確に現場が進んでいる気がします。

皆さま、大変お待たせいたしました! 一年という空白の時間がありましたがついに今年の秋に放送が決定致しました! 楽しんでいただけたらうれしいです!

<中田圭祐(瓜生夏樹役)>
再び撮影が始まるとわかった時は正直ドキドキしました。でも現場に入ると共演者の皆様や馴染みのスタッフの皆様に久しぶりにお会いして、すんなり瓜生に戻れました。一年前より少しでも自分のパワーアップしている姿を見せたいなと思っています。

僕は安田顕さん演じる源次さんと一緒にいるシーンが多いのですが、本当の上司のように安田顕さんが引っ張って下さり、合間合間でアドバイスを頂いたり、相談に乗って頂いたりしています。かっこいい背中にいつも見入ってしまっています。もちろん圭さんを始めとした他の共演者の方々も、一人一人のキャラクターがしっかりしていて、僕も埋もれないように日々必死に食らいついています。毎日が学びです。

一年と少し遅くなってしまいましたが、そんなことを感じさせない位のパワーで撮影しています。金曜日の夜、パワフルで爽快な刑事ドラマをぜひ楽しんで頂けたらうれしいです。

<渡辺いっけい(栗原四郎役)>
やはり役者として、頂いた役は最後まで演じ切りたいですから、撮影再開が決まった時は素直にうれしかったです。そんな役者たちの喜びが画面から滲み出ているドラマになっているはず。どうぞご期待ください!

<松坂慶子(馬場ゆかり役)>
去年の3月、珍しく雪が降る日に撮影があって、私はそこでストップしてしまったので、いつ再開できるのかなと首を長くして待っていました。いよいよ始めることができて、張り切っています。皆さん、とてもチームワークがよく、おかげさまで私もすっと入ることができました。

私はこのドラマの中で、みんながほっとするようなアットホームなカフェ「ゲ呑ム」のママ役なので、ご覧になる皆さんにも、カフェ「ゲ呑ム」のシーンでは、くつろいで笑顔になっていただけたらなと思いながら演じています。神保先生は難しい研究を続けていらっしゃるし、他の皆さんも厳しい捜査をしていらっしゃいます。そういう皆さんが、「ゲ呑ム」に来ると、ちょっと笑顔になるようなそういう家庭的な感じが出せたらいいなと思います。私も楽しみにしていたのでやっとお届けすることができて、うれしいです。ぜひぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ