プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ドラゴン桜』最終回は“サプライズ祭り” 山下智久&新垣結衣ら出演 東大合格&学園買収騒動の“W逆転劇”も

『ドラゴン桜』最終回の場面カット (C)TBSの画像

『ドラゴン桜』最終回の場面カット (C)TBS

 俳優の阿部寛が主演するTBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(毎週日曜 後9:00)の最終回が27日、放送された。

【場面カット】新旧・東大専科が豪華共演!サプライズ連続の最終回

 今作は週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房氏による『ドラゴン桜2』を実写化。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』の15年後を描く続編となっているが、今の時代に合わせたエッセンスを入れ、ドラマオリジナルの展開を繰り広げる。

 前作では「東大専科」の生徒たちとして山下智久、長澤まさみ、小池徹平、新垣結衣、中尾明慶、紗栄子といった面々が出演。今作では、King & Princeの高橋海人、平手友梨奈、南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士、加藤清史郎らフレッシュな顔ぶれが勢ぞろい。そんな新たな生徒たちを、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)が、元教え子の弁護士・水野直美(長澤まさみ)とともに東大に合格させるために奮闘してきた。

 最終回では、東大専科のメンバーが2次試験に向けてラストスパートに突入。運命の合否発表、そして緊迫感のあるシーンの連続で“学園買収騒動”の顛末を描き、さらにレギュラーキャストの長澤以外にも、山下、小池、新垣、中尾、紗栄子ら“元・東大専科”の面々が凱旋出演を果たした。

 新旧キャストの豪華共演というサプライズは、SNS上を中心に大反響を呼び、ツイッターの“世界トレンド1位”を獲得。早くも「ドラゴン桜ロス」の声も広がっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ