プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

田中みな実、メガネ&ノースリーブワンピ姿を披露 「うっかり八兵衛」のあだ名も

メガネ&ノースリーブワンピ姿を披露した田中みな実 (C)ORICON NewS inc.の画像

メガネ&ノースリーブワンピ姿を披露した田中みな実 (C)ORICON NewS inc.

 フリーアナウンサーの田中みな実が27日、都内で行われた日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(7月4日スタート 毎週日曜 後10:30)の制作発表会見に出席。メガネを掛け、ノースリーブのワンピース姿を披露し、イベントに華を添えた。

【動画】田中みな実「うっかり八兵衛」のあだ名に”べえ”スタイル披露!

 作風になぞらえた「この中で一番殺し屋に狙われそうなのは?」という質問に、共演の藤木直人から「恋愛バラエティに出ていらっしゃるから、ネットニュースによく発言を取り上げられているのを見るので…。そろそろ狙われると思います」と、名前を挙げられた田中。自身の発言が度々ニュースになることを認めながら「辛らつな部分だけ切り取られて乗せられちゃう…。注目していただいて、ありがとうございます!」と苦笑いで話した。

 そんな田中への暴露は止まらず、鈴木伸之が「本番直前に立ち位置を50メートルぐらい間違えていて、全然違うところにいたんですよ。それから『うっかり八兵衛』と呼んでいます」。これに照れ笑いを浮かべた田中は、現場でも披露したという“うっかり八兵衛”ポーズを見せて、笑いを誘った。

 今作は、映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい』『ライアー×ライアー』の徳永友一氏がオリジナル脚本で手掛けるスリリング・ラブコメディー。柊(中川大志)は自分の育ての親である“伝説の殺し屋”を何者かに殺されてしまう。仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する柊。そして用意周到に暗殺ターゲットの人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)に近づくが…柊は“殺しの才能はゼロ”だった――。

 会見にはそのほか、中川大志、新木優子、中尾明慶、水野美紀が出席。主演の中川は「殺し屋とターゲットの恋を描く本作では、今までにない新たな色ができあがっていると思います。毎日濃いメンバーで楽しく撮影をがんばっておりますので、まずは第1話を観ていただけたらと思います」とアピールした。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ