プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

のん、初の長編監督作『Ribbon』菅原大吉、春木みさよ、小野花梨の出演発表

映画『Ribbon』(2022年公開)(C)「Ribbon」フィルムパートナーズの画像

映画『Ribbon』(2022年公開)(C)「Ribbon」フィルムパートナーズ

 のん監督・脚本・主演の映画『Ribbon』(2022年公開)に、菅原大吉、春木みさよ、小野花梨が出演していることが発表された。

【写真】今回発表された菅原大吉らの場面写真

 菅原はのん演じる美大生いつかの父親役、春木は同・母親役、小野は同・妹のまい役。菅原・春木は、のん初監督作『おちをつけなんせ』(2019年)でものんと共演。時に互いに反発し、時に愛情深く娘を見守る、両親と大学生の主人公との繊細でリアルな関係性を演じている。

 小野は、本作でのんと初共演。姉妹の日常のやりとりをコミカルかつ印象的に演じ、クスリと笑える場面も。生き生きとした演技で、物語に彩りを添える。

 のん監督からキャスト3人についてのコメントは以下のとおり。

■のん監督から菅原大吉へ
 「菅原さんとは、朝ドラでも共演させていただきましたが、『おちをつけなんせ』に出ていただきました。その時も菅原さんの魅力でめちゃくちゃ素敵なお父さんにしていただき、今回も是非にと思っていました。ちょっと変わったお父さんの役を面白くそして優しく膨らませていただいて感無量です! こんなお父さんいたらいいな、安らぎだな 〜と思いながら撮影させていただきました」

■のん監督から春木みさよへ
 「春木みさよさんとは、『おちをつけなんせ』という映画を撮った時にもお母さん役を演じていただきました! その時はがみがみお母さんだったのですが、今回は打って変わってほわんとした天然お母さんです。以前の映画の時に春木さんともう一度やりたい!と思っていたので念願が叶って本当にうれしいです。親子のあるある!な絶妙な関係を素敵に演じてくださいました」

■のん監督から小野花梨へ
 「小野さんのパワフルで機敏な瞬発力によって、まいという役がとても面白い役になりました。感謝です。ちょっとギャグ要素の強いキャラクター設定だったのですが、リアリティを持って表現してくださり、撮影がとても楽しかったです」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ