プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

水溜りボンド・トミー、活動休止を発表「当面の間お休みさせていただく」 パーティー会場は自身の店

水溜りボンド(左から)カンタ、トミー (C)ORICON NewS inc.の画像

水溜りボンド(左から)カンタ、トミー (C)ORICON NewS inc.

 人気YouTuberの水溜りボンドが26日、自身のチャンネルを更新。24日に『文春オンライン』で、YouTuber同士が緊急事態宣言下にパーティーを催していたとの報道を受け謝罪し、活動休止を発表した。

【写真】水溜りボンド『ANN0』の軌跡つづった初書籍&収録カット

 『今回の報道に関して』という動画で、黒のスーツ姿のトミーは15秒ほど頭を下げると「緊急事態宣言中の東京都内で、私トミーを含む大人数で集まり、深夜まで飲酒とカラオケをしていたことについて改めてお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 ツイッターでも謝罪文を投稿していたが「事実関係の報告を含め、しっかりお話しすべきと思い、動画にてお伝えできればと思います」と経緯を説明。パーティーが催された会場については「僕が経営するお店です」とし「時短要請やお酒の提供停止要請が出ている中で、深夜まで飲食とカラオケを提供してしまったことについても深く責任を感じております。そのことも重ねて本当に申し訳ございませんでした」と改めて頭を下げた。

 その後、カンタも登場。医療従事者への思いを改めて口にすると「非常に不適切な行動をしてしまったことを本当に申し訳なく思っています。僕はたくさんの方に情報を発信してきた立場なので今回の件で多くの人に悲しい思いや不快な思いをさせてしまったと思います。いつも応援してくださっている視聴者の皆様、お仕事でご一緒さえていただいている関係者の皆様、そして今回の件を一切、知らなかった相方のカンタに大変なご迷惑をおかけしてしまいました」と語ると「私トミーは当面の間、お休みをさせていただきながら、今回の行動について真摯に反省させていただきたく思います。本当に申し訳ございませんでした」と2人そろって謝罪した。

 カンタは「今回、トミーがした行動は本当に自覚を欠いたものだと思います。このチャンネルはたくさんの方に支えられています。これまで応援してくださっていた、たくさんの視聴者様、後輩たち、たくさんの支えてくれた関係者の皆様、そして医療従事者の方、自粛を頑張っている皆様、その方々を裏切る行為だと思います。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。水溜りボンド、そして自身の活動も「1度しっかり深く考えたい」と話し、水溜りボンドのチャンネルの活動も休止することもあわせて発表していた。

 同メディアでは、水溜りボンドのトミーほか、あやなん、コムドット、アバンティーズのメンバーら総勢31人がパーティーに参加していたとしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ