プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

緋村剣心を“抜刀斎”に… 桂小五郎&高杉晋作の悲しくも強い決意とは

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』より(C)和月伸宏/集英社(C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会の画像

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』より(C)和月伸宏/集英社(C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 俳優の佐藤健が主演を務める人気映画『るろうに剣心』シリーズ。4日に公開を迎えたシリーズ完結作の『The Beginning』では、剣心だけでなく、動乱の幕末に生きたさまざまな人物の生き様が映し出されており、今回は桂小五郎(高橋一生)と高杉晋作(安藤政信)の関係性について迫る。

【場面写真】新選組に囲まれる”抜刀斎”佐藤健

 『The Beginning』の舞台は動乱の幕末。倒幕を掲げ、時代を変えようとする長州藩、時代を守ろうとする幕府軍の激しい争いも描かれる本作だが、倒幕派のリーダーとして本作に登場するのが、桂と高杉だ。

 徳川の時代を終わらせようと強い信念を持つ桂は、抜刀斎の太刀筋を見て“人斬り”に任命。同じく維新志士として、奇兵隊を創設した実力主義者である高杉は、桂に「一人の若者の人生を台なしにすること」をそして、長州藩のリーダーとして、自分は手を汚さすに「きれいな神輿(みこし)でいること」を忠告する。桂と高杉のこのシーンは、短い時間ながらも、純粋な剣心を“人斬り”という過酷な道を歩ませることへの葛藤、そして、そうでもしなければ時代は変えられないという2人の悲しくも強い決意が描かれている。

 吉田松陰の「諸君、狂いたまえ」という言葉を引用するシーンも映し出されており、時代が変わるか、変わらないかと混沌とした幕末で、狂った正義を信念に指揮をとる桂と高杉、その狂った正義の先鋒として“人斬り”という最も過酷な役割を任された抜刀斎たちの抗えない姿は、この時代に生きた男たちの生き様を感じさせれくれる。時代を変えるため、自身の掲げる正義の正当性を自分の胸に言い聞かせながら、その正義の道を歩み、戦い続けた男たちのドラマも、本作の注目ポイントのひとつだ。

 最終章は、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ