プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

飯島寛騎、ピアノ初心者から2ヶ月で「アメイジング・グレイス」を習得

Huluオリジナルドラマ『悪魔とラブソング』2ヶ月の特訓を経てピアノの演奏シーンを撮りきった飯島寛騎 (C)桃森ミヨシ/集英社・HJホールディングスの画像

Huluオリジナルドラマ『悪魔とラブソング』2ヶ月の特訓を経てピアノの演奏シーンを撮りきった飯島寛騎 (C)桃森ミヨシ/集英社・HJホールディングス

 集英社の少女マンガ誌「マーガレット」とオンライン動画配信サービスHulu(フールー)がタッグを組み、不朽のマーガレット作品を《継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信》する恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」。その第2弾となるHuluオリジナル『悪魔とラブソング』(原作:桃森ミヨシ/6月19日から一挙独占配信、全8話)。このたび、悪魔のような転校生マリアにひかれる同級生・目黒役の飯島寛騎に焦点を当てたメイキング映像が解禁された。

【動画】飯島寛騎メインのメイキング映像

 一見クールで他人に興味がないのに、困っている人を見ると放っておけない性格の目黒。実は著名な指揮者を父に持つ音楽一家出身だが、幼い頃のトラウマからピアノにコンプレックスを抱えている、という役柄だ。

 ドラマでは、“歌だけが僕らをつなげる”のキャッチコピーの通り、歌や音楽が物語を動かすキーとなっており、目黒のピアノもその大切な一つ。音楽室で初めて彼の演奏を聴いたマリアは「お前のピアノで歌いたい」と真っ直ぐな視線を向け、目黒の心に一歩踏み込んでいく。このことをきっかけに、目黒が隠していた傷が徐々に明らかになっていき、マリアや友人らに対する関わり方も変化していく。歌で想いを表現するマリアと同じように、無口で感情をあまり表に出さない目黒にとって、ピアノは自身を表現する重要なアイテムだ。

 全くのピアノ初心者だった飯島は、マリア役の浅川梨奈と同じく、撮影の2ヶ月前からレッスンを開始。ピアノ未経験からたった2ヶ月で「アメイジング・グレイス」を弾けるようになり、浅川やキャスト陣を驚かせた。

 「なんとかできるようになった」と語る飯島は、撮影現場でもピアノの練習を欠かさず、難しいパートに何度もチャレンジする姿が見られたそう。メイキング映像では、演奏をしていると、浅川をはじめとするキャストが集まってくるほほえましい姿も見ることができる。飯嶋は、初めてピアノに挑戦したことについて「楽しかった」と笑顔を見せている。

 さらに、ただ演奏するだけでなく「アーティストとしての気持ち」についても指導を受けたと言う飯島。ドラマ終盤では目黒はあることがきっかけでピアノのコンクールに挑むことになるのだが、飯島が演じるその姿は、才能あふれる若手ピアニストさながら。「音楽性を追求していった」と語る飯島の思いがあふれる、繊細ながらも力強い、エモーショナルな演奏シーンに、ぐっと引き込まれること間違いなしだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ