プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

矢部太郎、絵本作家の父を描いた漫画が発売前重版 谷川俊太郎・伊藤沙莉・阿佐ヶ谷姉妹が推薦コメント

漫画『ぼくのお父さん』(矢部太郎『ぼくのお父さん』新潮社刊)の画像

漫画『ぼくのお父さん』(矢部太郎『ぼくのお父さん』新潮社刊)

 カラテカの矢部太郎が、実の父である絵本作家・やべみつのりと自身の幼少期のエピソードを描いた漫画『ぼくのお父さん』(新潮社)が、17日に発売される。予約注文が殺到したため、発売前重版が決定したことが11日、発表された。

【画像】シリーズの番外編的な一冊『「大家さんと僕」と僕』も発売に

 矢部と大家のおばあさんとの交流を描いた『大家さんと僕』は、心温まるエピソードが「ほっこりする」と話題を呼び、ロングセールスを記録。芸人として初、プロの漫画家以外でも初となる朝日新聞社主催『第22回手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞した。

 『大家さんと僕』以来の最新作となる今作では、40年前の東京・東村山を舞台に、つくし採取、自転車の2人乗り、屋根から眺めた花火など、普遍的でノスタルジックな心温まるストーリー。子どもを見守りながら、同じ目線でともに遊び、常識にとらわれず、のびのびと子どもと向き合い、ときに親自身も成長していくエピソードがつづられている。

 著名人からの推薦コメントも相次ぎ、詩人の谷川俊太郎氏は「なんでもない父と子のなんでもありの日々。『仲間に入れて!』と言いたくなる」、女優の伊藤沙莉は「あたたかい時間が流れているのに、どうしてこんなにも涙腺が刺激されるんだろう」、お笑いコンビの阿佐ヶ谷姉妹は「愛しさと切なさと心許なさが! 素敵!! 変テコお父さんNo.1!!」とコメントを寄せている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ