プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

米津玄師「Pale Blue」MV、早くも1000万再生突破 公開から6日と1時間で達成

米津玄師「Pale Blue」のMVが1000万再生突破の画像

米津玄師「Pale Blue」のMVが1000万再生突破

 シンガー・ソングライター米津玄師の11thシングル「Pale Blue」のミュージックビデオ(MV)の再生回数が、1000万再生を突破したことが11日までにわかった。4日の公開から6日と1時間で達成した。

【動画】1000万再生を突破した米津玄師「Pale Blue」MV

 MV公開日の4日午後5時、米津がインスタグラム、ツイッターアカウントに、ペールブルー1色の画像と「#PaleBlueLetter」のハッシュタグを付けて投稿。その後、午後10時から主題歌を提供しているTBS系ドラマ『リコカツ』の放送終了後、同10時55分にMVが公開された。

 投稿されたペールブルー1色の画像は、インスタグラムのカメラフィルターなどを使用して加工、コントラストを上げると、「Pale Blue フタフタゴーゴー MV公開」という文字が出現するというデジタルギミックレター。MVの公開日時を知らせる内容を解き明かしたユーザーの出現により「フタフタ」「MV公開」がトレンド入りし、ユーザーが加工したデジタルギミックレターを投稿するなどSNSが大いに盛り上がった。

 MVの監督は「Lemon」「馬と鹿」「カムパネルラ」を手掛けた映像作家の山田智和氏。また「パプリカ」の振り付けなどを務めた菅原小春が出演し、すれ違いながらも、相手を思う気持ちを見事に演じた。淡く青い世界の中、光を求め、切実に歌をうたう米津が印象的なMVとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ