プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

二宮和也、嵐・活動休止後初の映画主演 不良品ロボットとコンビ結成「普遍的な友情物語」

映画『TANG タング』に主演する二宮和也 (C)2022映画「 TANG 」製作 委員会の画像

映画『TANG タング』に主演する二宮和也 (C)2022映画「 TANG 」製作 委員会

 人気グループ・嵐の二宮和也が、2022年公開の映画『TANG タング』に主演することがわかった。昨年末に嵐が活動休止して以降、初の主演映画となる。日本国内でも人気を博すイギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』にアレンジを加えて実写化。二宮演じるゲーム三昧で妻に捨てられ、人生に迷うダメ男・春日井健(かすがい・けん)と記憶をなくした不良ロボットの“ポンコツコンビ”による壮大な冒険を描く。

二宮和也のテレビ出演歴

 わけあって無職で人生に迷子中の健の家の庭に突然現れたのは、記憶を無くした不良品ロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を“タング”と名乗る。二宮にとって初めてとなるロボットとのタッグは、演技プランや撮影スタイルを含めて挑戦尽くしの作品となる。

 製作と配給は、二宮がハリウッドデビューを果たした、クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』のワーナー・ブラザース。そして愛され、不良品ロボット“タング”に命を吹き込むのは、『STAND BY ME ドラえもん』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』などを手掛ける日本を代表するVFXプロダクション『白組』が担当。最高峰のVFX技術によって高クオリティーな映像が期待される。

 大の親日家でもある原作者のデボラ・インストールからは日本での実写化に「特に楽しみなのは、『硫黄島からの手紙』で西郷を演じた二宮和也さんが健を演じるということです。繊細さとユーモアを持った彼は、まさに健を演じるのにぴったりな方だと思います。長年日本映画を見てきたファンの1人として、タングの物語がスクリーンで見られる喜びを、日本の映画ファンと共有できることを非常に楽しみにしています」と心待ちにしている。

 監督は、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩。三木監督は「昨今の邦画では類を見ない実写とCGキャラクターの融合した世界は、とてもチャレンジングな企画であり、新たな可能性を感じる作品でもあります。 他者への不寛容が肥大しつつある今だからこそこの荒唐無稽で大胆な物語が、どこかおおらかで 他者そして自分自身を受け入れる勇気をちょっとだけ与えてくれるような映画になってくれればと願っています」と意気込み。脚本にはドラマ『着飾る恋には理由があって』『恋はつづくよどこまでも』の金子ありさ氏が務める。

 二宮は「タングというロボットを通じて、ダメ人間が社会と向き合う。一見、特殊な形に見えますが、普遍的な友情物語だと思っています。引き続き、世の中が大変な状況下ではありますが、無事に撮影が終わり、ホッとしています。個人的には監督の演出に応えられるように必死についていった印象的な作品となりました。公開を楽しみに待っていただけたらうれしいです」と呼びかけている。

■キャスト・スタッフコメント

<二宮和也>
タングというロボットを通じて、ダメ人間が社会と向き合う。
一見、特殊な形に見えますが、普遍的な友情物語だと思っています。
引き続き、世の中が大変な状況下ではありますが、無事に撮影が終わり、ホッとしています。
個人的には監督の演出に応えられる様に必死についていった印象的な作品となりました。
公開を楽しみに待っていただけたらうれしいです。

<原作:デボラ・インストール>
ワーナー ブラザース ジャパンによる『ロボット・イン・ザ・ガーデン』の実写映画化は私にとって大きな喜びです。彼らがこの企画に向ける誠実さと熱意を感じ、私はこの映画が素晴らしい作品になることを確信しています。
特に楽しみなのは、『硫黄島からの手紙』で西郷を演じた二宮和也さんが健を演じるということです。繊細さとユーモアを持った彼は、まさに健を演じるのにぴったりな方だと思います。
長年日本映画を見てきたファンの1人として、タングの物語がスクリーンで見られる喜びを、日本の映画ファンと共有できることを非常に楽しみにしています。

<三木孝浩監督>
10万馬力があるわけでもなく4次元ポケットを持っているわけでもない何にもできないポンコツロボットのタング。
でもそんなタングだからこそ、その眼差しから見える人間の世界の滑稽さ愛おしさを、二宮和也くん演じる同じく何にもできないダメ男・健との旅の中で感じられる様な作品にしたい。
昨今の邦画では類を見ない実写とCGキャラクターの融合した世界は、とてもチャレンジングな企画であり、新たな可能性を感じる作品でもあります。
他者への不寛容が肥大しつつある今だからこそこの荒唐無稽で大胆な物語が、どこかおおらかで他者そして自分自身を受け入れる勇気をちょっとだけ与えてくれるような映画になってくれればと願っています。健とタングの珍道中、ぜひお楽しみに!

<田口生己プロデューサー>
――実写化理由
2016年に原作小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』に出会い、この愛おしい物語に強く強く惹かれました。
そして、ポンコツだけど、無限の可能性を秘めたタングがスクリーンで活躍する姿を誰よりも観てみたいと思いました。
笑いあり、冒険あり、涙あり、宝箱のような映画にしたいと考えています。
この映画で健とタングの間に起こったような友情や、つながりの価値について考えてもらえればうれしいです。

――二宮和也起用理由
どんな難役とも向き合い、数々の作品で観客を魅了してきた、まさに日本を代表する俳優二宮さん。
そんな二宮さんが未来の世界でロボットを相手に冒険に出るという、主人公の健を演じていただけたら、とんでもない化学反応が起きるのではないか、そんな期待を持ってオファーさせていただきました。
今作品を一緒に作れるこの機会にとても興奮しています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ