プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画『リスタート』SWAYの眩しい肉体美、新場面写真

品川ヒロシ監督最新作、映画『リスタート』より、場面写真(C)吉本興業の画像

品川ヒロシ監督最新作、映画『リスタート』より、場面写真(C)吉本興業

 映画監督としても活躍するお笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシにとって6年ぶりの長編映画最新作『リスタート』(7月9日より北海道地区先行公開、7月16日より全国で公開)で主人公・未央(EMILY)の同級生役として出演するSWAYの肉体美が眩しい新場面写真を解禁された。本日6月9日はSWAYの35歳の誕生日でもある。

【写真】眩しい肉体美を披露するSWAYのワンショット

 本作は、北海道・下川町と吉本興業がSDGs推進における連携協定を結び発足したプロジェクトで、2019年6月から9月まで実施したクラウドファンディングで目標金額を大きく超え、700人からの支援を集めることに成功。そうしたサポートを受けながら、下川町の自然を余すことなく映像に落とし込んだ意欲作。

 解禁された写真は、夢破れ故郷に戻り意気消沈している主人公・未央を、同級生である大輝(SWAY)が地元・下川町の緑豊かな景観を一望できる名寄川へと連れ出し、励ます場面を抑えたもの。

 シンガーソングライターを夢見て上京するも、意図せぬスキャンダルによって世間からバッシングを受けた未央は、故郷で自分を支えてくれる家族や同級生に対して、その優しさを素直に受け入れられずにいた。弱音をこぼす未央を大輝は川に突き飛ばしたと思えば、自分も服を脱ぎすて川に飛び込み、「28(歳)で人生終わったみたいな顔すんな」と熱い言葉で未央を奮い立たせる。

 劇中では、未央が現状から一歩踏み出そうとするきっかけとなる重要なシーンだが、一方で大輝が上半身裸で鍛え上げられた肉体を披露するファンならずとも必見のシーンでもある。出来上がった作品を観てSWAYは、「自分でもここで脱ぐのはあざといなと感じました(笑)」と笑いながら正直な胸の内を告白しつつも、2年前の撮影時の自分の体を見て、「またワークアウトを“リスタート”した」ことも明かした。共演で主演のEMILYもこのシーンについて「たまらないですね(笑)」と当時を振り返った。

 35歳になったSWAYは劇団EXILEとして俳優業も行うほか、DOBERMAN INFINITYとしても今年全国ツアーを行うなど音楽面でも精力的に活動を続けており、今後の活躍が期待される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ