プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

有村架純“怖かった”雪代巴役 重圧を覚悟に変えた佐藤健の言葉「本当に巴だ」

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で雪代巴を演じた有村架純【撮影/上野留加】 (C)ORICON NewS inc.の画像

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』で雪代巴を演じた有村架純【撮影/上野留加】 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(公開中)。2012年の『るろうに剣心』から5作にわたり続いた本シリーズの最終作で、剣心にとって最も重要なキャラクターともいえる雪代巴を演じるのが有村架純(28)だ。原作漫画でも屈指の人気キャラを演じるにあたり「怖かった」という有村だが、どのように巴と向き合っていったのか。

【劇中カット】儚げな表情を見せる巴・有村架純

 今回の『最終章』は、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる、原作では最後のエピソードとなる「人誅編」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』(公開中)と、剣心の過去を描く「追憶編」がベースとなる『The Beginning』2部作で描かれる。

■ラブストーリーの側面も「これまでのシリーズではないものができあがった」

 有村が演じる巴は、剣心が人を斬る現場に居合わせ卒倒し、介抱された長州藩士が寝泊まりする宿で、帰る家もないからと働き始める。剣心の人斬り稼業を咎める一方で、彼の身を案じ何かと世話を焼く。やがて桂小五郎(高橋一生)からの信頼も得て、幕府から追われる剣心と共に暮らすよう頼まれるという役どころだ。

 これまでの『るろうに剣心』シリーズといえば、武田観柳(香川照之)や鵜堂刃衛(吉川晃司)、瀬田宗次郎(神木隆之介)や志々雄、そして『The Final』での縁との対決など、そのアクションシーンに魅入られる観客も多かっただろう。

 しかし、今回の『The Beginning』はアクションのみならず“ラブストーリー”としての側面も持ち合わせる。今回がシリーズ初参加の有村は「以前の現場についてはわかりませんが」としつつ「(大友啓史)監督は『本当に別物になるから』とおっしゃっていて、実際に『The Final』と『The Beginning』を続けて見たのですが、これまでの『るろうに剣心』シリーズではないものができあがっていて、完成された作品を見て初めて全然違うと気づきました」と話す。

 ラブストーリーについては「特に意識したことはないですが、監督や健さんが『追憶編』をどれだけ大事にしてきたかを受け止めて、とにかく1ヶ月あまりの時間を大友組の一員として立っていられるように努めたいという思いだけでした。原作ファンの顔も思い浮かべながら、スタッフさんの思いを踏みにじりたくない。プレッシャーもありましたが、それも原動力になりました」と撮影中はとにかく巴として生きることを意識した。

■佐藤健が演じ続けた緋村剣心「並大抵な気持ちではできない」

 原作ファンの期待のみならず、佐藤や大友監督、スタッフたちの思いを受け止めた有村。オファーを受け、マネージャーや大友監督から「大事な役」と聞いたときは「すごく怖かったです」と当時の気持ちを振り返る。

 かつ『るろうに剣心』においては、「かけている月日が違うじゃないですか。健さんが担っている役は並大抵な気持ちではできないですし、みんなの思いが強くないと実現しない作品。そこに主演でずっと戦い続けてきて、健さんの気持ちを考えると身が引き締まって仕方ないですし、健さんからも『剣心の役作りは巴から始まっている』と聞いたときにとんでもないところに参加してしまったと思いました(笑)」と胸の内を語る。

 それでも「『3月のライオン』でご一緒した大友監督が信じてくれたことがうれしかったです。そのときは23歳くらいで、それから3年ほど経ち、自分がなにか違う形で返せるかもしれないという思いで引き受けました」と大友監督への感謝の気持ちを表現。そして「一度お返事をしたからには『やめます』とは言いたくないし、責任をもってあのとき自分にできることをやりきるのみでした」といい、巴の人生を演じきる決断をしていった。

 佐藤からは細かい話はせずに撮影に臨んだというが「現場で初めて健さんと対峙したときに『本当に巴だ』とおっしゃってくれたのが心に残っています。みんな不安を拭うために言ってくれるものだと思っていたのですが、素直に言葉を受け止めない自分自身が恥ずかしくなって。みなさんが作ってきた作品でそのように言ってくださるのであれば、自分が表現している巴を信じないと作品に対して失礼だと思いました」。

■役作りでは「体重も絞りました」

 巴を演じる上での役作りは「まずは話し方だったり、なるべくまばたきをしないとか、やつれた感じを出しました。監督にも『頬がこけてほしい』と言われたので、倒れないくらいに体重も絞りました」と体作りにも取り組んだ。さらに「実は4色のカラーコンタクトを使用しているんです。巴として生きるための準備をして着物を着ると、すっと役に入れました」と細かい部分を積み重ねて巴を完成させていった。

 巴というキャラクター、そして「追憶編」は原作ファンも最も好きなエピソードのひとつだ。原作では、巴は剣心より年上という年齢設定もあり、誰が巴を演じることになろうとも賛否両論が起こりうる難しい役柄だったはずだ。そのプレッシャーがかかる役に対し、スタッフやキャストだけでなくファンの思いもくみ取りながら覚悟を持って巴役に挑んだ有村。その覚悟をどのように表現したのか、ぜひスクリーンで確かめてほしい。

◆有村架純(ありむら・かすみ) 1993年2月13日生まれ 兵庫県出身
2013年、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の好演で一躍注目を集める。映画『思い出のマーニー』(14年)、映画『ビリギャル』(15年)、映画『何者』(16年)、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(16年)、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(17年)、映画『3月のライオン前編・後編』(17年)、映画『花束みたいな恋をした』(21年)など、多作品に出演。公開待機作に『映画 太陽の子』(8月6日公開)、『前科者』(22年公開予定)がある。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ