プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

小倉智昭“嫌われる”覚悟「誰かが言わないといけない」 “老兵は去らず”「テレビは魔法の箱」

小倉智昭 (C)ORICON NewS inc.の画像

小倉智昭 (C)ORICON NewS inc.

 フリーアナウンサーの小倉智昭(74)が、8日放送のNHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』(後10:30~)に出演。22年にわたり司会を務めたフジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ!』の“最後の1ヶ月”に密着する中で、小倉の胸中が垣間見えた。

【写真】放送前に入念に原稿を読む小倉智昭

 1999年4月1日にスタートした『とくダネ!』は今年の3月26日の放送をもって終了。同一司会者による情報番組として日本一の放送回数を誇る長寿番組となった。今回の密着初日、小倉は「絶対無縁の番組だと思って、見ていたんですね。全然『プロフェッショナル』じゃないですもん」と恐縮しながら、『とくダネ!』本番に向けてのルーティーンを公開した。

 小倉は、朝の情報番組で大切にしていることについて「誰もが見て考えられるような。どれだけ説得力のある映像を見せて、そこにどんな言葉を乗せていくかが勝負だと思う」との持論を展開。自身を客観視しており「僕は決して第一印象はよくない。態度も大きそうに見えるし。なんでも知ったかぶりするやつだなと感じると思うんですよ。この人のことをよくわかっているんだよって言うために『この人の曲を全部聞いていますけど』とか言っちゃうんだよ。それは、自分でもビデオ見ていてわかりますから」と打ち明けた。

 自身の発言に賛否が寄せられることについても「火の粉は自分でかぶるのはわかっているんですけどね、でも言いたくなるんですよ。どっちかっていうと小心者だから、みんなに嫌われるのが嫌なの。子どもの時にさんざんつらい思いをしたから。だけど、誰かが言わないといけないってなったら…。大勢の意見だけで世の中がうまくいったら、ちょっと偏った世界になっちゃうと思うんだよね。そういうことを言うと、またいろいろ言われるんだ」との覚悟を語った。

 精力的に『とくダネ!』の司会業を務めてきた小倉だったが、自身の老いも感じることがあった。「ここ3~4年、スピード感なくなってきているのはわかってきていたし、ふっと忘れちゃうんですよね。くやしいですよ、ものすごくくやしいし、日々くやしく思っている」。『とくダネ!』最終回直前の取材では、番組が終わった後の生活について「『とくダネ!』だけに全部を注いでやってきて、そこがバタッと終わる経験はないんでね。この後の仕事も決まってないじゃないですか。今まで経験がなかった時を迎えるので怖いですよね。ただ、せっかく20年以上『とくダネ!』をやってきた小倉智昭っていう実績を汚すようなことだけはしたくないんですよ。老兵は去るのみ」との言葉を残した。

 番組では『とくダネ!』最終回後の小倉の苦労にも迫り、現役を続けることへの思いについて「老兵は去らず」とのテロップが流れた後に、小倉が「まだ未練があるからね。のんびり遊びながら余生をおくれたらいいかなと考えなかったこともなかったんだけどね。なんかやっていて、その都度乗り越えるのが自分の人生だったかなっていう思いが強いので。テレビでしゃべることが好きなんですよね。自分が磨ける仕事、僕を大きくしてくれたと思っているので。テレビって、本当に魔法の箱」と語っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ