プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

渡辺大知、来年前期朝ドラ『ちむどんどん』に出演 川口春奈に熱い片思いするお坊ちゃん役

2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』に渡辺大知が出演の画像

2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』に渡辺大知が出演

 女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHKの2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』(106作目)に、渡辺大知が出演することが8日、NHKドラマ公式ツイッターなどで発表された。

【写真】『ちむどんどん』のヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島結菜

 本作は来年2022年に本土復帰50年となる沖縄が舞台。黒島は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

 渡辺が演じるのは、暢子の姉・良子(川口春奈)に熱く片思いするお坊ちゃん・喜納金吾。暢子たちの村の製糖工場の息子で、村では有数の裕福な家の跡取りである。良子に対してノーガードな求愛を繰り広げる。

 渡辺は「喜納金吾は明るく優しいムードメーカーで、好きな人へもガンガンアプローチしていく熱い男です。真っ直ぐすぎて『バカだなぁ』と思っちゃうくらいなんですが、なんだか憎めないやつ。自分がもし先輩だったらかわいがりたくなるようなキャラクターにできたらなと思います。今は緊張もありますが、『ちむどんどん』の世界をとことん楽しみたいと思います」と意気込む。

 3回目となる朝ドラ出演には「キャストの方もスタッフの方も1年近く、毎日のように同じ作品に向き合っているので、いつもチームワークがすごいなと思っています。それだけ長くやっているので、たまに先輩後輩に関わらず、なんだか全員が学校の同級生で、クラスの出し物を本気でやってる、みたいな気になることがあります」と話した。

 先週1日には、ヒロインの父、母、4つ上のニーニー(兄)、3つ上のネーネー(姉)、妹の家族のキャストが発表され、父役を大森南朋、母役を仲間由紀恵、兄役を竜星涼、姉役を川口春奈が演じることがわかった。きょうは、沖縄の人々、来週は暢子が上京して、東京や横浜・鶴見で出会う人などが発表される。

 脚本は、連続テレビ小説『マッサン』やドラマ『昭和元禄落語心中』などを手掛けている羽原大介氏。語りはジョン・カビラが担当する。クランクインは今秋予定。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ