プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画製作プロジェクト『DIVOC-12』松本穂香、小関裕太、清野菜名、高橋文哉ら出演

映画製作プロジェクト『DIVOC-12』キャスト発表の画像

映画製作プロジェクト『DIVOC-12』キャスト発表

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントによる、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援する映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(読み方:ディボック-トゥエルブ)。12人の監督による12作品が、今秋、全国の映画館で公開予定となっているが、上田慎一郎監督チームに集いしキャスト陣、各作品のタイトルが解禁された。

【動画】千原氏が手がけた『DIVOC-12』ムービングロゴ

 “感触”というテーマを掲げ、チームを導く上田慎一郎監督作品のタイトルは『ユメミの半生』。主演は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年)や、ドラマ『この世界の片隅に』(18年)に出演、確かな演技力で最近では声優にも挑戦している松本穂香。共演は、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(18年)で話題になり、映画『ライアー×ライアー』(21年)や現在放送中のドラマ『ラブコメの掟〜こじらせ女子と年下男子〜』(21年、テレビ東京)で年下男子を演じ、世の女性たちを虜(とりこ)にした小関裕太。

 ふくだみゆき監督の作品タイトルは『魔女のニーナ』。オーディションにて本作の主演を見事掴み取ったのは、映画『一度死んでみた』(20年)やドラマ『知ってるワイフ』(21年、フジテレビ)など数々の話題作に出演する安藤ニコ。共演には、YouTubeチャンネル「HIMAWARIちゃんねる」で260万人以上のチャンネル登録者数を誇る、家族YouTuberのおーちゃんが決定した。

 中元雄監督による作品は『死霊軍団 怒りのDIY』。主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(18年)、映画化もされた『今日から俺は!!』(18年、日本テレビ)などに出演、ドラマや映画、舞台、CMでも引っ張りだこの人気女優でありながら、出演作で激しいアクションシーンを披露し、アクションのできる女優としての立ち位置も確立している清野菜名。共演は、若手俳優の登竜門である仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゼロワン』(19年、テレビ朝日)で主演を務め、ドラマ『先生を消す方程式。』(20年、テレビ朝日)、『夢中さ、きみに。』(21年、MBS)にも出演した高橋文哉。

 そして、一般公募から選ばれたエバンズ未夜子監督の作品タイトルは『あこがれマガジン』。本作のダブル主演を務めるのはNHK連続テレビ小説『まんぷく』(19年)や映画『ビューティフルドリーマー』(20年)に主演、さらに映画監督、執筆家としてマルチな才能を発揮する小川紗良と、雑誌「non-no」の専属モデルとして活躍しながら、ドラマや映画など女優としての活躍も注目される横田真悠。

 コロナ禍で人と触れ合いぬくもりを感じる機会が減った今、“感触”をテーマに掲げる上田監督チーム、映画を通じ私たちに何を伝えてくれるのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ