プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『イタイケに恋して』主題歌にアメリカ人高校生シンガーのオリヴィア・ロドリゴが起用

『イタイケに恋して』主題歌はオリヴィア・ロドリゴが歌う、「ドライバーズ・ライセンス」に決定の画像

『イタイケに恋して』主題歌はオリヴィア・ロドリゴが歌う、「ドライバーズ・ライセンス」に決定

 俳優の渡辺大知、Sexy Zoneの菊池風磨、超新塾のアイクぬわらが主演する、7月スタートの読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト・モクドラF『イタイケに恋して』(毎週木曜 後11:59)の主題歌がアメリカ人高校生シンガー・ソングライターであるオリヴィア・ロドリゴのデビューシングル「ドライバーズ・ライセンス」に決定した。

【写真】「ドライバーズ・ライセンス」ジャケット

 トリプル主演で送る今作は不器用でモテない、イタいけどかわいい男子たちが、恋愛インフルエンサーの助手となり恋のキューピッドとして大奮闘していくストーリー。教会を改修したシェアハウスでともに暮らす3人が、日々間違いだらけの恋愛妄想トークをさく裂させながら“さまざまな恋の形”と向き合っていく。 

 現在18歳のオリヴィアは先月21日にリリースされたデビューアルバム『サワー』は全米・全英含む15ヶ国で1位を獲得し、デビューアルバムとデビューシングルの両方で1位を獲得した最年少アーティストという偉業を達成したばかり。

 今作の主題歌「ドライバーズ・ライセンス」も「2021年に最速でストリーミング再生数10億回突破」などを記録。本人が作詞作曲を手掛ける楽曲のなかでは、せっかく運転免許を取ったのに、助手席にいるはずだった人は別の女性の所に行ってしまっていて、思い出の場所や元彼の家の前を1人泣きながら車で巡っているという淡く悲しい恋心が描かれる。不器用な男子たちがさまざまな恋と向き合い、時に笑顔を見せ、時に悩んでいく今作と楽曲の美しい世界観がどう交わっていくのかにも期待が高まる。

 福田浩之プロデューサーは「今だからこそ作りたかったラブコメディ『イタイケに恋して』の主題歌だからこそ、今最も世界を魅了しているラブソング「ドライバーズ・ライセンス」が絶対に良い!ってお願いしたら、、、まさか実現するなんて!夢のようです!毎回不器用ながらも懸命に恋の悩みと立ち向かう主人公3人に、あの儚くも力強いメロディが重なると、どんな化学反応が生まれるのか!? ぜひぜひご期待ください」と呼びかけている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ