プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「老害」とも言われた小倉智昭 『とくダネ!』“最後の1ヶ月”に密着

『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演する小倉智昭(C)NHKの画像

『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演する小倉智昭(C)NHK

 フリーアナウンサーの小倉智昭(74)が、あす8日放送のNHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』(後10:30~)に出演。22年にわたり司会を務めたフジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ!』の“最後の1ヶ月”に密着する。

【写真】放送前に入念に原稿を読む小倉智昭

 1999年4月1日にスタートした『とくダネ!』は今年の3月26日の放送をもって終了。同一司会者による情報番組として日本一の放送回数を誇る長寿番組となった。

 小倉は鋭いトークで長年視聴率トップを独走したが、近年は一転して「老害」とまで言われるようになった。幼少期から苦しむ吃音症。5年前に見つかった膀胱がん。そして忍び寄る老い。小倉が引き際で見せた、複雑な胸の内を記録。仕事人生の終い方とは?

 公式ホームページの予告映像では「本当に老害って言われるからね」と悩みを明かし、「辞めさせてくださいって言えば、かっこよかったかもわかんない」と胸中を語るなど、74歳の意地と未練が入り交じる思いに迫る。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ