プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

山崎賢人、2歳の姪っ子から“けんちゃん”呼び「めちゃくちゃかわいい」

映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』公開記念イベントに登壇した山崎賢人 (C)ORICON NewS inc.の画像

映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』公開記念イベントに登壇した山崎賢人 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の山崎賢人が6日、都内で行われた映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』公開記念イベントに登壇。物語の最後に“サプライズ”が起きることにあわせて、自身に起こったサプライズを聞かれ、姪っ子とのエピソードを語った。

【写真】清原果耶、藤木直人ら豪華キャストが登壇

 山崎は「兄の子ども、姪が2歳なんですけど、会うたびにずっと泣かれていたんです。でも、この間会ったときに『けんちゃん』と呼んでくれるようになっていて」と明かし、「めちゃくちゃかわいいサプライズでした」とうれしそうに語った。

 原作は、1956年にアメリカで発表されて以来、世界中で愛されるSF小説。その名作を、本作では日本を舞台に再構築。1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者・高倉宗一郎(山崎)が、未来を取り戻す冒険物語として描かれる。宗一郎が家族のように大切に思う恩人の娘・璃子を清原果耶が演じる。公開は25日。

 主演を務める山崎は「レトロでチャーミングで、いろんな愛の形が詰まった作品です。最後にはものすごく幸せなサプライズが待っています。いろんな世代の方に楽しんでいただける映画ですので、ぜひ、見ていただければと思います!」とアピールした。

 この日は、清原、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督も登壇した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ