プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

ジョージ・マッケイとニコラス・ホルト、妖艶な共演シーンを公開

映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』6月18日より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほか全国順次公開の画像

映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』6月18日より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテほか全国順次公開

 オーストラリアの伝説の反逆者、ネッド・ケリーの素顔に迫る映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』が、18日より渋谷ホワイトシネクイント、新宿シネマカリテ(東京)ほか全国で順次公開される。このたびジョージ・マッケイとニコラス・ホルトのインタビュー動画と本編より2人の共演シーンが解禁となった。

【動画】ジョージ・マッケイとニコラス・ホルトのインタビュー

 19世紀、オーストラリア。腐敗した権力に屈することを拒否し、兄弟や仲間たちと“ケリー・ギャング”を結成、国中にその名を轟かす反逆者となった、ネッド・ケリー。権力と差別に立ち向かい、今なお英雄として人々を魅了する史上最もパンクな男の、知られざる素顔とは?

 これまで英雄としてのみ語られていたネッド・ケリーを悲惨な境遇から抜け出そうと、苦悩し、怒り、闘う、ひとりの若者として描き出したピーター・ケアリーのブッカー賞受賞作「ケリー・ギャングの真実の歴史」が原作。『アサシン クリード』でハリウッドに進出したジャスティン・カーゼル監督による現代性とパンク精神を加えた斬新な表現で映画化した。

 かつて、ミック・ジャガーが『太陽の果てに青春を』で、故ヒース・レジャーが『ケリー・ザ・ギャング』で演じたネッド・ケリーを、本作では『1917 命をかけた伝令』のジョージ・マッケイが演じる。

 母親が幼いネッドを売り渡すブッシュレンジャー(盗賊)のハリー・パワー役にラッセル・クロウ、ネッドに屈折した思いを寄せ執拗に追い詰める警官のフィッツパトリック役にニコラス・ホルト、ネッドの家族に横暴を尽くすオニール巡査部長役にチャーリー・ハナム、と豪華キャスト陣が結集した。

 解禁されたインタビュー動画は映画撮影の合間に現場で収録されたもの。ジョージ・マッケイは鳥の鳴き声がバックに聞こえる中で、自身のルーツとネッド・ケリーという人物について語り、ネッドと束の間の友情を築く警官フィッツパトリックとの関係について「理解できないからこそネッドはフィッツパトリックに魅了される」と分析。

 一方、フィッツパトリック役のニコラス・ホルトは「状況が違っていれば二人は生涯の友人になれていた」と語る。また「以前からジョージのファンで演技を見るのは最高だった」と笑顔を見せ、ジョージ・マッケイをべた褒め。

 本編からは、ネッドと一糸まとわぬフィッツパトリックが娼館で語り合うシーンを特別にWEBで公開。「俺が嫌いか?」と聞くフィッツパトリックに、「俺や家族から何も奪わない人は初めてだ」と答えるネッド。その後の展開はぜひ劇場で確かめてほしい。

(C)PUNK SPIRIT HOLDINGS PTY LTD, CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION, ASIA FILM INVESTMENT GROUP LTD AND SCREEN AUSTRALIA 2019

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ