プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

若林正恭『たりないふたり』解散漫才「すべてやりきった」 山里亮太は実況ツイートで反応

(左から)山里亮太、若林正恭 (C)ORICON NewS inc.の画像

(左から)山里亮太、若林正恭 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、5日深夜放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週土曜 深1:00)に生出演。南海キャンディーズ・山里亮太との「たりないふたり」が、5月31日に東京・下北沢で行われた配信ライブ『明日のたりないふたり』をもって、解散したことを受け、思いを語った。

【独占カット】『たりないふたり』解散漫才の模様

 2009年にお笑いライブ『潜在異色』で生まれ、2012年『たりないふたり』、14年『もっとたりないふたり』と日本テレビ系深夜番組で漫才を披露してきた山里と若林が、12年におよぶコンビ活動に終止符を打った。

 この日の放送で、若林は「若手の時さ、自分と相方とお客さんの三角形を作りなさいっていう教えを聞いたことあるじゃない。今回はお互いに向けてやるしかないけど、それだけは忘れないようにしようと思ってさ、映画『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチのポスターみたいに、両方をピストルにして、山ちゃんに向けていたの。『ターゲットは山里だぞ』と。横でサトミツ(佐藤満春)がうなづいていたの(笑)。『若林くんそうだよね』って」との秘話を披露。

 その上で「夢がかなった感じだった。『たりないふたり』のライブってさ、頭の中に設定は持っているんだけど、どれをやるかっていうのを山ちゃんの様子を見ながら進めていったりするところがあるのよ。大喜利とかもそうだけど、終わった後の帰り道で『あれ言えばよかったな』みたいなのがあるじゃん。『あれやりたかったな』みたいなのが残るのよ。だから、たりないふたりの漫才で『この後、公園で、2人でやらない?』って言っていたことができたから良かったなと。やり残したことはないですね。すべてやりきった感じはあります」と充実感をにじませた。

 山里は、この模様をリアルタイムで聞いているようで、自身のツイッターで「あれミラジョボビッチだったんだ」「俺が言っちゃだめだったのか…あと、ご機嫌でかかっちゃってるのがバレてるのが一番恥ずかしい」などと、実況ツイートを連投。この投稿を若林が番組内で取り上げるなど、ラジオとツイッター越しで“たりないふたり”が実現する流れとなっていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

■『明日のたりないふたり』
公式ホームページ:https://www.ntv.co.jp/tarinai/
見逃し配信は6月8日まで
チケット:一般視聴チケット 3000円(GOTOイベント適用 2400円)(6月8日午後7時まで販売)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ