プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

高橋洋子、放送から26年『エヴァ』の人気想像つかず アニソンは国境越えるパスポート「みんなの歌」

『エヴァ』は想像を超える人気と語った高橋洋子 (C)ORICON NewS inc.の画像

『エヴァ』は想像を超える人気と語った高橋洋子 (C)ORICON NewS inc.

 人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下、エヴァ)のオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」などで知られる歌手・高橋洋子が5日、自身初の配信単独公演ライブ『高橋洋子スペシャルライブ【Refrain】』開催前に取材対応した。

【写真】エヴァ風な衣装?存在感抜群の高橋洋子

 ライブ前の取材で高橋は『エヴァ』曲を26年間歌い続けてきた心境を聞かれ「初めて歌った時は、26年後に今も変わらず、映画も続いているなんてことは想像もしていなかった」とし、「アニソンは国境を越える最強のパスポートだと思っています。世界中の方々が同じ言語で歌ってくださることを、いろんな国で経験してきて今があります」と振り返った。

 自身が歌う名曲「残酷な天使のテーゼ」は、カラオケなどで幅広い世代の人に歌い続けられている。アニソンへの思いとして「アニソンはみんなの歌。それは変わらない姿だと思います。みんなが何かのシーンで盛り上がった時に歌ったりとか、この作品を大事に思っている方はこの曲を聴くとあのシーンを思い出したり、いろんな聴き方があると思います。良い形でさらに進化しているのではないかと思います」と語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ