プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

吉本芸人、千葉「幕張の浜」で清掃活動 世界旅の千原せいじ「ゴミ問題は教育から」

千原せいじ=吉本芸人たちが「幕張の浜」で清掃活動 (C)吉本興業の画像

千原せいじ=吉本芸人たちが「幕張の浜」で清掃活動 (C)吉本興業

 世界環境デーである6月5日、千葉市美浜区の「幕張の浜」でビーチクリーン活動が行われ、この活動にお笑い芸人の千原せいじ(千原兄弟)、しずちゃん(南海キャンディーズ)、とにかく明るい安村、おかずクラブらが参加した。

【写真】お疲れ?清掃活動で休憩中のオカリナ 安村はノーパン”ギリギリ”ショット

 イベントでは芸人たちが実際に浜に降り、集まった約200人の一般参加者と共に汗をかきながら海の清掃活動を実施。幕張の浜は、普段から清掃ボランティアの活動により大きなごみは減っているものの、依然プラスチック片などは散在。今回の清掃活動を通して、海洋プラスチック問題や海洋プラスチックごみを減らすために一人ひとりができることを考え、行動につなげることを狙いとして開催された。

 世界環境デーとは「環境保全に対する関心を高め、啓発活動を図る日」。イベント冒頭、しずちゃんは「今日が世界環境デーとは知らず、ガッツ石松さんのお誕生日ということしかしらなかった」と笑いを誘う一幕も。

 せいじは番組などで世界各国を訪れていることから、とある国で言われた環境についての驚きのエピソードを披露。「ゴミがドワーっとあって、このゴミどうすんねんと言ったら、半年経ったら雨が流してくれるって(いってた)」と語り、体験談から「ゴミ問題は教育から」と真面目な表情で訴えた。

 この日も衣装のパンツ姿で登場した安村は「僕は環境に配慮して、服を着ないというのを選んでいる」とエコをアピール。クリーン活動への意気込みを聞かれた際は、「裸足のことも多いので、瓶などは気になる。今日はそういうものを中心に拾っていきたい」と伝えた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ