プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【仮面ライダーセイバー】第38章「聖剣を束ねる、銀河の剣。」あらすじ ソロモンに剣士たちが立ち向かう

『仮面ライダーセイバー』第38章より(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映の画像

『仮面ライダーセイバー』第38章より(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 波乱のストーリーが展開されている『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 前9:00、テレビ朝日系)。第38章「聖剣を束ねる、銀河の剣。」が、6日に放送される。

【動画】【仮面ライダーセイバー】第38章「聖剣を束ねる、銀河の剣。」予告

 世界の破滅へ…。マスターロゴス(相馬圭祐)が再び行動を開始し、今度は世界各国の街が消滅し始めた。マスターロゴスのもとへ急行した倫太郎(山口貴也)、尾上(生島勇輝)、大秦寺(岡宏明)、ユーリ(市川知宏)は変身。仮面ライダーソロモンと激突する。

 戦いを倫太郎らに任せた飛羽真(内藤秀一郎)は賢人(青木瞭)のもとへ。「俺たちを信じてくれ」と必死に賢人を説得するが…。

 苦戦するブレイズらだったが、剣斬、さらにはデュランダル、サーベラも合流。しかし、そんな剣士たちの前にバハト(谷口賢志)が立ちはだかった。ようやく合流した飛羽真は、今度はバハトに説得を試みるが…。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ